FC2ブログ

宇太水分神社 うたの秋祭り(例大祭)

2019年10月21日撮影 宇太水分神社 うたの秋祭り(例大祭)
平安時代より続くこのお祭りは、年に一度、宇太水分神社の男神である速秋津彦命に逢うため、惣社水分神社の女神である速秋津姫命が神輿に乗り、毛槍・花籠・神輿太鼓などを従えて、片道約6kmの道のりをやってくる。これをお渡り(御輿渡御祭)と言い全国でも珍しいロマンチックな祭礼です。(一部宇陀市HPより)

また、この神輿をお迎えするために重さ1トンを越える六基の太鼓台が菟田野各地域より境内に繰り込んで「チョーサヤ」の掛け声で境内を練り回す、その勇壮さは迫力満点ですが、今回はお渡りを中心に拝見しました。

惣社水分神社を出発した神輿は東郷と呼ばれる地区で一休みされ、そこで女神がお化粧直しをされるとされ、一般的な神饌のほか、秘饌ともいわれる「栗・ベニ・化粧筆など」がお供えされるということですが、秘饌自体は紙に包まれていて中身は定かではありません。

XE031548のコピー

お化粧直しが済むと、改めて出発。のどかな集落をまるで大名行列のごとく進んでいきます。

XE031623のコピー

このあと1回の休憩と神事をはさみ、ようやく一の鳥居前で太鼓台の迎えがあり、境内に招かれていきます。

XE031677のコピー

先に到着する太鼓台は広い境内に練りこみ観衆を沸かせます。
全部で6台の太鼓台がでますので、一般的な見物客やカメラマンはここで待つ方が多いですね。

XE031705のコピー

その後、大名行列のごとく毛槍の作法があり、つづいて花籠が入り、最後に女神である速秋津姫命が神輿で到着します。

XE031751のコピー

XE031789のコピー

例大祭が終わると各地域から出された太鼓台が各地域に戻って行き、お祭りは終了ですが、芳野の太鼓台は遠いので途中から太鼓台の提灯に火を灯し、前後4本の松明に照らされながら戻って行くのでなかなかの風情でした。

XE031818のコピー

XE031895のコピー
スポンサーサイト

桜井 箸中の彼岸花

2018年9月23日撮影
こちらは桜井市箸中の彼岸花
三輪山を背景に撮影しました。当日は空が高くて秋らしいうろこ雲に出会えて最高の日和でした。

XE030042.jpg

橿原 ほうらんや火祭り

2018年8月15日撮影

昭和57年3月に県の無形民俗文化財に指定された「ほうらんや火祭」では、橿原市東坊城町内の5地区(弓場・川端・大北・万田・出垣内)と隣接する古川町の6つの字から大小あわせて16個の大松明が神社に奉納されます。
午前に春日神社、午後は八幡神社で奉納されますが、この写真は午後からの撮影分です。

D72_7634のコピー700

奈良大文字送り火

2018年8月15日撮影
大文字送り火といえば京都が有名ですが、奈良でも実施されていて例年曜日にかかわらず8月15日がその日です。
昭和30年代に始められたこの祭典は戦没者の慰霊とあわせて世界平和を願う行事であり、宗派を問わず奈良の社寺の僧侶や宮司が合同で実施されるということです。
法要は春日大社近くの飛火野で行われますが、写真を撮るとなると一番人気が浮見堂。
でもかなり混雑して強者は早朝から三脚で場所取りされるそうなので、今回は平城宮跡から朱雀門を前景にして撮ってみました。

D72_7797conp1のコピー700

東吉野木津川 薬師堂の念仏踊り

2018年8月18日撮影

奈良県の無形民俗文化財に指定される東吉野・木津川の念仏踊りを拝見しました。
地元の方によればここも若い人が少なくなっており、存続は難しいとも聞きましたが、本来2組の踊り予定が練習も含めて今年は3組の方が踊っていただけました。
写真にもあるように、中央に太鼓を据えて、鉦とも木魚を持って踊られます。
写真では写っていないけれどご婦人方が囃子を取られ、「なみあみだー仏」「なんまいだー」との歌に?あわせて大きく鐘や木魚を振り上げながら堂内を踊りまわります。

D72_7858のコピー700

| NEXT>>