當麻寺練供養 練習会

2018年5月某日 當麻寺練供養 練習会
基本非公開のため、某日を表記させていただきました。
今日は當麻寺練供養の練習日。昨年度までは来迎橋を渡る観音菩薩役と勢至菩薩役だけの練習会でしたが、今年は菩薩講の中で初めて参加される菩薩役の方への面の装着体験も兼ねて行われました。
当日の5月14日は例年大変暑く、初めて面を着けられる方が体調を崩される方もおられるので本番前に一度体験してもらってはどうかという住職のお計らいで実施されました。
この練習会は2日ほど行われますが掲載写真は、その2日間にわたっております。

P1160269のコピー

P1160770のコピー

P1160788のコピー

P1160797のコピー

スポンサーサイト

久米寺練供養

2018年5月3日 久米寺練供養

練供養会式は當麻寺が有名ですが、奈良県では橿原市の久米寺でも行われます。
練供養会式の基本は阿弥陀如来が衆生をお救いされる場面を演劇的に見せることであり、當麻寺は中将姫が救われますが、こちらは中将姫は登場しません。
また當麻寺は本堂から出発した菩薩らが本堂と対面する娑婆堂まで行き、中将姫を救われて極楽浄土に見立てた本堂に送られますが、こちらの久米寺は本堂と対面する護国道場からの片道だけです。

D72_4904のコピー

D72_4910のコピー

當麻寺練供養 練り初め

2018年4月29日撮影 當麻寺練供養 練り初め

練り初めとは、菩薩講員が参集し、5月14日の練り供養会式の配役をくじで決め、その後、観音菩薩、勢至菩薩役が練供養で中将姫様をお迎えする所作を護念院本堂前で演じられます。(基本非公開かも知れないので法要の拝観は當麻寺護念院でご確認ください)

D72_4612のコピー

D72_4657のコピー

室生寺のシャクナゲ

2018年4月24日撮影
室生寺のシャクナゲ

例年になく平成30年は花の開花が早いと感じます。
桜も早かったし、こちらのシャクナゲもしかり。

D72_4315のコピー

D72_4317のコピー

D72_4347のコピー

番条のオダイシサン(お大師さん)

番条のオダイシサン(お大師さん)
2018年4月21日撮影
大和郡山市の番条という地区で行われる「オダイシサン」
オダイシサンはお大師さんであり、つまりは弘法大師のことであり、21日はお大師さんが入定された日でもある。
そしてここ番条では古くから大師信仰があるという。
一説にはその昔、集落でコレラが流行し、それを契機に各家庭でお大師さんを祀るようになったという話も残されている。

朝の10時頃からどこからともなく始まり、80件ほどある各家の門や門口にお大師さんが祀られ、それを四国巡礼のごとく参拝して回るというやり方である。今年は土曜日ということもあり、大変なにぎわいでちょっとびっくりしました。

D72_4064のコピー

D72_4062のコピー

D72_4200のコピー

D72_4061のコピー

D72_4237のコピー

| NEXT>>