スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下部神社 吐山の太鼓踊り

2013年11月23日撮影

元々は雨乞いの踊りで、本来は不定期で実施される行事ですが、近年は郷土芸能の伝承を願ってなのか、小中学生らも参加して例年実施されているようです。

今年は、例年踊られる「干田(ひんだ)踊り」に加え、しばらくされていないという「長崎踊り」が披露されました。

太鼓踊りは集会所から二手に分かれて出発し、下部神社の南側からと北側から、太鼓を打ち鳴らしながら境内へと進みますが、撮影していて気になったのは、下部神社の行事のはずなのに、旗には「春日大明神」とか、「春日神社」とあります。

少し気になって調べてみると、

「下部神社はもともとは吐山の東南部字オリイにあり、社殿の裏山には岩石が重なった、里人が「いわぐろ」と呼んでいる聖域がありました。聖域は古代信仰の霊域であり、この地に星川氏が神武天皇の皇子、都祁国造の祖である神八井耳命を、氏神としてまつったといわれています。
 下部神社は、明治40年(1907)に中南垣内字クサオにある春日神社に合祀され、昭和20年(1945)に県社格に認められています。社蔵には絹本著色法華曼羅図、大般若経600巻などがあります。」大和路アーカイブから引用

なのだそうです。

DSC_6297.jpg

DSC_6315.jpg

DSC_6322.jpg

ちょっと写真と踊りの名前が良く判らなくなりましたが、踊りながら、踏み込んで、太鼓を叩くという動作が独特ですね。

DSC_6337.jpg

DSC_6380.jpg

このあと、境内では御供撒きがありなかなかの活況でした。
スポンサーサイト

墨坂神社 秋季例祭のお渡り(宵宮)

2013年11月2日撮影

11月3日が墨坂神社の秋の例祭で、時代行列さながらの行列があるようですが、今日2日は宵宮の撮影分です。

宵宮では、旧社地に設けられた御旅所までの行列があり、一方、市内では宮本・上之町・東町・福地の4箇所から太鼓台が出て、それぞれの地区の地まわりが行われます。

まずは宮本から拝見。商店街を練り歩き、ご祝儀をいただくと「サセー、サセー」の掛け声と共に太鼓台を持ち上げられます。

DSC_6069.jpg

こちらは福地。福地は新興住宅も地区に入っているので、真新しい住宅街を進みます。
ミスマッチ的には面白いのかも知れませんね。

DSC_6084.jpg

夕刻になって、市内で2つの太鼓台を見つけましたが、暗くなってきて地区がよくわかりません。

DSC_6109.jpg

19時頃、拝殿に氏子代表らが集まり宵宮の神事が始まります。

DSC_6119.jpg

そして、その後、現在の神社から西へ少し離れたところにある旧社地まで、お渡りです。
提灯を先頭に、祭神を乗せた御輿が続きます。

DSC_6149.jpg

到着後、改めて神事が行われました。

DSC_6226.jpg

無事にお渡りが終わる頃、市内を練り歩いていた太鼓台も、地元地区に戻りますが、夜が更けるまで太鼓台を囲んでおられたのが印象的でした。

DSC_6286.jpg

御杖村 神末祭り 太鼓台と獅子舞

2012年11月4日撮影

御杖村には先日掲載させていただいた四社神社の獅子舞など、郷土芸能的なお祭りが数多く残されていています。
今回は御杖神社の太鼓台と獅子舞を拝見しました。

御杖神社は、天照大神をお祀りする場所を探していた倭姫が、候補地のしるしとして杖(御杖)を残したという伝承のある土地で、村名の「御杖」はこの伝承に由来しているといいます。

地元青年団に担がれた太鼓台は村内を練り歩き、ご祝儀をいただいた家の前で太鼓台を差し上げます。
もちろん車輪はついておらず、村内といってもとても広いのでなかなか大変そうです。

DSC_8888.jpg

途中、地元青年がおばあちゃんのところに近づいてご祝儀をいただくシーンに出逢って、これはなかなか素朴な感じと思ったら、横から別の方が現れ、「はい、ポーズ!」まぁこれはこれで良しとしますか。

DSC_8892.jpg

田園風景の中を練り歩く太鼓台。奥に見える森が御杖神社です。

DSC_8899.jpg

御杖神社に到着した太鼓台は広くない境内を右に左にグルグルまわります。
それも、結構速いスピードでした。

DSC_8928-2.jpg

最後には歌舞伎なんかで良く使われそうな、クモの糸のようなものがかけられました。

DSC_8958.jpg

引き続き、獅子舞の奉納です。
拝殿内での奉納があり、その後、境内で披露されます。
所作もキレイで、動きもスムーズだと思ったら、こちらの獅子舞はプロの方の奉納

伊勢大神楽でよくある継ぎ獅子などが奉納されます。

DSC_8995.jpg

DSC_9024.jpg

DSC_9087.jpg

国津神社 ふる祭り

2012年11月3日撮影

国津神社は都祁の白石にあり、大国主命を祀る神社です。
境内には本殿に向かって左右に拝殿も設けられなかなか立派な神社でもあります。
11月の3日には「ふる祭り」と呼ばれる式典があり、式典自体はそう特殊なものではありませんが、紋付き袴に山高帽という格好はなかなか面白みがあります。

お祭りは当家さんの自宅での会食からはじまり、準備が整ったあと、まず記念写真が撮られます。
中央の方が今年の村神主さん。
村神主さんは、村の方が順番にされる神主さんで、一般的な常時おられる神主さんではありません。

DSC_8738.jpg

そして、その村神主さんを2番目に神社までお渡りがあります。
うしろに見えるのは、3本の竹を組み合わせて三脚のようにし、「松・梅・紅葉」をあしらった「スコ」と呼ばれるものだそうです。
また、スコに挿してある白くて丸いものは、お餅と大根です。

DSC_8772.jpg

お渡りは神社まで行われました。

DSC_8775-2.jpg

スコは本殿前に奉納されました。

DSC_8787-2.jpg


神社では山高帽をかぶった皆さんで献撰され、神事が行われました。

DSC_8794.jpg

神事終了後は御供撒きです。
御供は地元の皆さんが各家から、当日餅を奉納し、それを改めて撒くというやり方です。
都会の方には、理解できないですよね。

他の地区では見かけない御供としては、5円玉に赤いリボンをつけたものです。
今回、私も2ついただくことができました。

DSC_8817.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。