佐保川 川路桜

2013年3月30日撮影

今年の桜開花は少し早かったですね。奈良市の佐保川沿いの桜並木も満開です。

春日原生林を水源として、奈良市内を通り、大和郡山市で大和川に合流するまでが佐保川と呼ばれています。
桜並木はその川に沿って1000本近くあるといいますが、花見客でにぎわう佐保川小学校の前辺りは夜間にライトアップされるとあって、人気がありますね。
その佐保川沿いにはソメイヨシノが5本あり、幕末の奈良奉行、川路聖謨(としあきら)の名から「川路桜」と呼ばれる老木があります。
川路聖謨が奈良奉行を務めた約5年の間、川路は興福寺や東大寺、町の有力者らに呼びかけ、町ぐるみの緑化運動を始めたと言われ、「川路桜」はその時の名残だとされています。

夕刻からライトアップの時間帯まで、撮影したものを時間順に並べておりますので、お楽しみください。

DSC_6200-1.jpg

DSC_6208.jpg

DSC_6228.jpg

DSC_6230.jpg

DSC_6241.jpg

DSC_6244.jpg

DSC_6253-1.jpg

《撮影メモ》
撮影時間帯は1点目が、17:32 最終カットは、18:48 でした。
やはり日没直後が空の色が残っていい感じでした。
スポンサーサイト

西吉野 賀名生皇居跡の枝垂れ桜と賀名生梅林

2013年3月23日撮影

東大寺二月堂のお水取りも終わり、各地からの梅の便りを楽しみにしていたのですが、今年はずいぶん様子が違ってあちらこちらで桜の便りが聞こえています。例年より10日か2週間ほど早いような感じですね。

そんなことで、今日は五條市西吉野の賀名生に行ってみました。
ここには賀名生皇居跡として素朴な茅葺屋根のお屋敷が残されていますが、あともうちょっとな感じでした。

取り敢えず定番の位置から一枚

DSC_5976.jpg

もう少し寄って一枚

DSC_5967.jpg

さらに寄って、花びらのアップ

DSC_5972.jpg


賀名生梅林の方は下の口あたりは満開時期を少し過ぎた感じです。
時間が無かったので上の咲き具合は不明ですがあまり変わらない感じがします。
ただ、遠目で撮影する分にはまぁまぁな状態です。

DSC_5991.jpg

DSC_5995.jpg

賀名生から少し先の集落
誰が名付けたか、「花の村」
とてもキレイなところでしたが、時期がちょっと遅かったかな。
来年、もう一度来たい!そんな場所でした。

DSC_6003.jpg

DSC_6033.jpg

明日香・桜井の春

2013年3月17日撮影

社寺の伝統行事を撮影したのも早くアップしなければと思いつつ、花情報が遅くなると意味が無いので順番が合いませんが、愛車VTR250で大和路をうろついて来ました。

まずは明日香
稲淵の棚田に咲く白梅です。遠くに細川の集落を見ることができます。

DSC_5916.jpg

石舞台の南側、都塚古墳の近くの紅梅

DSC_5922.jpg

桜井に移動して、三輪山山麓で見つけた桜?赤みが強いので。さくらんぼの花かも知れませんが。

DSC_5952.jpg

もう一枚、同じ場所で撮影

DSC_5951.jpg

《撮影メモ》
今日はお天気が良かったけれど、午後からは薄曇りの一日でした。
コントラストが低いので、フォトショップで少し持ち上げながら、彩度を少し落としてあります。