興福寺追儺式(節分)

2018年2月3日撮影 興福寺追儺式(節分)

D72_1722のコピー

D72_1727のコピー
スポンサーサイト

手向山八幡宮 お田植祭

2018年2月3日撮影 手向山八幡宮 お田植祭
県内に数あるお田植祭(おんだ祭)の中でも謡物能楽の形式で行われる農耕儀礼です。
室町時代に始まったとされ由緒正しいお田植祭のひとつで、牛に扮した牛童(うしわらべ)、翁の面をつけた田主(たぬし)が御幣を畦に立てて鍬で苗代を耕し、牛童が鋤(すき)を引き回して籾まき等を行います。
途中、牛童が鳴くシーンがあって「かわいい」と声援があがっていました。
その後は、節分行事との関係が不明ながら福豆まきも行われます。
写真はシーンを順序立ててアップするものです。

D72_1415-2.jpg

D72_1450.jpg

D72_1462.jpg

D72_1493.jpg

D72_1508.jpg

D72_1552.jpg

D72_1591.jpg

東大寺修二会「油はかり」

2017年2月18日撮影
東大寺修二会「油はかり」
2月18日は修二会で灯明に使用する菜種油の「油はかり」が行われる日です。
主役は堂司(どうつかさ)さん。(平衆をとりまとめて修二会全体を取り仕切る役です。)
修二会の行法中に堂内で使用される「油」を「はかる」日で、修二会の日程は曜日に関係なく行われるので、18日が土・日に合う日は会社員にとっては貴重な日となりました。
「油はかり」は二月堂の南出仕口で行われ、二月堂百人講の皆さんによって油が計られ、枡の後ろの黒い油壺に入れていかれます。
油壷は全部で三つあり、それぞれ一斗三升、一斗二升、一斗の油をはかり納めることになっているといいます。合計三斗五升。
油が壺に納めれられると封がされ、さらに油の量を書いた付け札がそれぞれに付けられ、本行がはじまるまで礼堂に置かれるそうです。

P1030978のコピー700

長谷寺 だだ押し(追儺会)。

2016年2月14日撮影 長谷寺 だだ押し(追儺会)

俗に言う長谷寺のだだ押しは追儺会といい節分の行事であるようにも思うが、十一面悔過法要でもあり修二会のようでもある。
本来は本堂で法要があり、その後、鬼が出てくるのですが、今年は正面に向かって左側、つまり本堂の西側から撮ってみました。

最初は「青鬼」と「緑鬼」が出てきて、その後、「赤鬼」が出てきます。
途中、松明と松明をぶつけ合いながら進むので、撮影していると焼けどしそうで危険な思いもしますね。

写真は時間を追って掲載しています。(法要の写真はありません)

D72_5427のコピー

D72_5433のコピー

D72_5447のコピー

D72_5457のコピー

D72_5502のコピー

D72_5506のコピー

広瀬神社の砂かけ祭り(御田植祭)

2016年2月11日撮影
広瀬神社の砂かけ祭り(御田植祭)

県内神社で広く行われる御田植祭(オンダ祭)ですが、こちらの広瀬神社では砂を掛け合い、その砂の掛け合いが激しければ激しいほど雨に恵まれ、豊作になると云われ大変有名になりました。

行事は午前中に「殿上の儀」として、拝殿内において一般的な御田植神事が行われます。

午後に砂かけ祭りと云われるようになった「庭上の儀」があり、奉仕者、参拝者が一緒になって砂を掛け合い、豊作を祈ります。

写真の説明は特にありませんが数カットアップいたしました。

D72_4638のコピー

D72_4750のコピー

D72_4864.jpg

D72_4938のコピー

D72_5061のコピー

D72_5341のコピー

D72_5348のコピー

| NEXT>>