畝火山口神社 おんだ祭

2月28日撮影

畝火山口神社はもともと畝傍山の山頂にありましたが、昭和15年に橿原神宮拡張工事に
伴って今の土地に移されたとうかがいました。
朱色の社殿がとても美しい神社です。
午後2時からの「祈年祭」のあと3時から「おんだ祭」が行われます。
女性の宮司さんの祝詞奏上やお祓いのあと、田植の所作が行われます。
まずはひょっとこ(田人)によって、鍬や鍬で苗床の準備です。

0228-une1.jpg

ひょっとこに頼まれて、牛役と天狗が田起こしとマンガを行います。
天狗はひょっとこの息子と言う設定でしょうか。

0228-une2.jpg

こちらはマンガのシーン。
マンガは田んぼの土を平らにして苗を植えやすくする作業です。
今回はストロボなしで撮影しましたが、たまたま隣の方のストロボが入ったので、ストロボがあると
こんな感じということで、少しダブりますが掲載しました。

0228-une3.jpg

その後、畦作りやモミ撒きが行われ、田植の所作に移りますが、ここで奥さん役がお多福の面を
つけて登場し、ケンズイという所作が入ります。
ケンズイは朝と昼の間に取る食事ですが、私の地元では今でも普通に使う言葉です。

0228-une7.jpg


松を苗に見立てて植えられ、おんだ祭りは終了。
最後に記念写真を撮らせていただきました。

0228-une5.jpg

《撮影メモ》
今日も行事開始の1時間30分前に到着。
やはり平日なので境内はガラガラ状態。
数人のカメラマンさんは社務所内で準備の様子を撮影されておられました。
行事は拝殿で行われますが、これが暗い!
ストロボが欲しいところですが、持ち合わせがないため仕方なくISO感度を800まで
上げて撮影しました。(記事の途中をご参照ください)
また、背景によって露出がばらつくので、マニュアルSS1/100 F5.6ですべて撮影しました。
レンズはAPS-Cで12-24mmです。
祭場の近くまで寄って撮影できるので、広角レンズの方が有利な気がします。

なお、境内に子宝を授けていただく男女のアレを模した石がありました。

0228-une6.jpg
スポンサーサイト

田原本 八坂神社 弓の華鎮祭

2月26日撮影
この弓の華鎮祭は農家に生まれた男子で、生まれた順の5人づつがこの行事を務める主役になります。
祭具は弓型の白梅、矢、千本矢、藁人形、牛王さんを飾り付け、さらに的を準備します。
華鎮の行事は弓矢で悪霊を射ち、その年の安泰や稲作の豊作を祈願して行われるお正月行事だそうです。
写真は八坂神社に向かう参加者ですが、あくまでメインは子供たちです。

0226-yasa1.jpg


拝殿での祝詞奏上の後、的の前に作られた祭場で「結鎮祭文」が読みあげられます。

0226-yasa2.jpg

その後、宮司さんが弓型の白梅で四方を射ち、悪霊を取り除きます。

0226-yasa3.jpg

5人の子供さんの代わりにお父さんが的をめがけて矢を打ちます。
15メートルくらいはあるかもしれません。なかなか命中しませんが、楽しんでおられるようでした。

0226-yasa4.jpg

《撮影メモ》
いつものように祭典のはじまる1時間30分前に現地入りしましたが、誰もいない???
カメラマンだけじゃなく、氏子さんの姿も見えないので少しあせりましたが、1時間前くらいに
ようやく集合されました。
カメラマンさんも大勢おられましたが、一般的に知られたお祭りじゃないので、一般の参観者も
少なく、撮影途中でも移動は簡単です。
ただ、所作は多くないのでポイントを絞ってきっちり撮っておかないとやり直しや他のカットで
埋め合わせとかは出来ないです。

弓を弾く場所にはこんな飾りがありました。

0226-yasa5.jpg

菅原天満宮 おんだ祭り

2月25日撮影

奈良市の菅原天満宮の「おんだ祭り」は近年(多分平成13年)に復興されたお祭りだそうです。
おんだ祭りのおおまかな流れは他の神社と変わらないですが、特色のある所作があり
見応え十分でした。

まずは、田人の奏上からはじまります。

0225-suga1.jpg

そして中盤には面をつけた牛役さんが登場するのですが、この中にいる人が他の御田植祭に
比べて、圧倒的に若い!多分、中学生くらいでしょうか。(手向山八幡宮を除く)
だから、走るのが早いし、いっぱいグルグル回って田人役さんは大変そうです。

0225-suga3.jpg

その後、肥えまきがあり観客に向けても撒かれますが、中には何もなくても歓声があがっていました。

0225-suga4.jpg

「福の種撒こうよ!福の種撒こうよ!」と威勢よくモミが撒かれました。

0225-suga5.jpg

《撮影メモ》
当日は早朝から生憎の雨模様。
心配して天満宮さんに連絡すると少雨なら決行ということで12:30頃天満宮に到着
境内は広くありませんが、まだカメラマンさんはチラホラと言う感じで、正面で場所取りしました。
こういったお祭りは一度、撮影場所を決めてしまうとなかなか移動が出来ないので、同じ角度
からの写真で面白みにかけますね。
三脚禁止などの表示はありませんでしたが、メインになりそうな所作は三脚では追い切れないので
必要ありません。時間待ちが長いので、椅子になるようなものがあればいいですね。

また、同時期に菅原の里盆梅展が開催されていました。
境内の梅は少々早かったものの、盆梅展会場内はほのかに梅の香りが楽しめました。

鏡作神社 御田植祭

2月19日撮影
鏡作神社の御田植祭は午前10時頃からの祈年祭と午後からの御田植祭が行われるのですが、
今回は田植神事のメインの午後の部の撮影となりました。
神事に先立って、正面では地元保存会の婦人部による舞の奉納がありました。
その後、いよいよ御田植祭がはじまります。
まず、鍬を持った農夫役の方が田んぼを耕す所作をします。

0219-kagami1.jpg

その後、鍬や鍬を使った農作業が行われ、そして種まきが始まりますが、
ここの種まきは本物のモミとなぜか紙ふぶきを撒いていました。

0219-kagami2.jpg


いよいよ牛さんの出番です。

0219-kagami3.jpg

他の御田植では牛が暴れると豊作などといいますが、鏡作神社では牛使いが乱暴にするとその年
は慈雨に恵まれるらしく、牛使い役は角を振り回し、牛も負けじと牛使いを困らせますが、
ついには、牛もダウン。

0219-kagami4.jpg

神事は松苗を植えたのち、それを高く放り投げ参拝客はこぞってそれを持ち帰り田んぼに植えて
豊作を祈るとされています。

0219-kagami5.jpg


《撮影メモ》
今回は午後だけの撮影と思って、開始1時間前には現地入りしたが、午前中からのカメラマンが
いい場所を撮っておられた。良い位置を確保するなら、午前中には現地入りしたい。
また、今回のアップにはありませんが、保存会の舞を撮影するなら、前に回り込まないと
表情が撮れないので、どちらか一本に絞るとなると舞はあきらめざるを得ない。
田植の所作は上から見て、反時計方向に回って行われる。
順光で撮影するなら、正面がいいが、まわりの林の影が顔にあたると暗くなってしまう。
ストロボで影を消すか、逆光位置の方が良いかもしれない。
最後の松苗を投げる所作では、一緒に砂もまかれるのでミニ砂かけ状態になる。
機材には注意が必要だ。
なお、同日に近くの池神社でも御田植が行われたが時間的に間に合いそうになかった。

六縣神社 子出来おんだ

2月11日撮影
今日は朝から「江包・大西のお綱祭り」「廣瀬神社の砂かけ」につづいて3ヶ所目の撮影です。
場所は廣瀬神社から南に少し行った川西町保田の六縣神社。
午後6時の開始と聞いていたので、砂かけ祭りからの移動カメラマンが殺到するまえにと
午後4時前に現地入り。でも、確かに早すぎました。

しかし、6時開始のはずが、5時頃から神事がはじまり祝詞奏上や湯立もあり、最前列で場所取り
した甲斐もありました。
6時になっていよいよ本番です。
このお祭りは「子出来おんだ」と呼ばれ、県内の御田植祭の中でもなかなか変わった所作があると
聞いていました。

まず変わっているところは田植の所作に用いられる苗が、椿の葉であることでしょうか。

0211-kodeki1.jpg

そして、妊婦に扮した男性が小太鼓をお腹にいれて臨月をマネて、「キリキリとお腹が痛くなりました」
と言うやいなや、小太鼓をその場に放り出すシーンです。

0211-kodeki2.jpg

ボン出来た。ボン出来たと喜ぶシーンですが、演者もまわりの人も笑顔いっぱいのホントに
あたたかなお祭りです。

0211-kodeki3.jpg

最後は、烏帽子を冠った農夫が「福の種まこうよ!」「福の種まこうよ!」と、嬉しそうに、そして
威勢良くコメを撒いてお祭りは終わります。

0211-kodeki4.jpg

《撮影メモ》
お祭りの役員の方が「良かったら中へあがりーな」と勧めて頂きましたが、今回は真正面から
撮影したかったので、丁重にお断りしました。
何名かのカメラマンさんは上に上がられたようなので、その方のアングルはどうか気になるところですね。
真正面の場合、夫婦の会話シーンや子出来のシーン、また、まわりの方々の表情もあって
それなりにいい感じでしたが、妊婦さんの表情が見えないことや、子出来シーンの出産場面が
上手く行かなかったですね。
それと、今回はAPS-Cの12-24mmで撮影したので、全体が写りました。広角は欲しいですね。
また、露出をオートにするとライトで逆光になる場面だと顔が暗くなってしまいましたので、
マニュアルで露出はあわせています。
来年も行きたいお祭りの一つです。

廣瀬神社 砂かけ祭り

2月11日撮影
奈良県内の農耕行事の中でも特に有名な砂かけ祭り
俗にいう御田植神事の一種ですが、「砂かけ」と名の付くように、田んぼに見立てた砂地で
鍬を入れては「砂かけ」鍬を入れては「砂かけ」と、所作の度に砂かけが行われます。
もともと砂は「雨」をあらわしたものと言われているらしく、激しく砂が掛け合われるほど
豊作になると信じられているそうです。

と、まぁ、ここまでは様々な書籍やネットでも調べられるのですが、実際は予想以上の
盛り上がりでした。

事前調査のうえで、レインコート+マスク+メガネという武装で、カメラの方もビニールに
くるんでの完全防備体制のつもりでしたが、神事が始まれば、砂かけ役の「田人」だけでなく
観客もいっしょになってかけあうので、左右上下360度、全方向から砂が飛んできて
少々の防備では役に立ちません。知り合いの新聞社のカメラには砂が積もっていました。

で、撮影となるとメガネでは太刀打ち出来ず、ピントもアングルもお構いなしでシャッター
を切らざるを得ない状況で、まぁそれなりかと思う1点のみアップしました。

0211-hirose1.jpg

《撮影メモ》
廣瀬神社の砂かけ祭りは午前中に拝殿で「殿上の儀」という一般的な御田植の所作があります。
そして、午後からは「庭上の儀」があり、これが俗にいう「砂かけ」です。
午後2時からの開始ですので、早くいくに越したことはありませんが、太鼓の合図とともに
砂の掛け合いが始まると、前後左右関係なし状態になるので、頃合いを見計らって飛び出せば
いい位置に行くことは可能ですし、この所作は6~7回位繰り返して行われます。
ただし、カメラと服装は完全防備をお奨めします。
私の恰好では、まだまだ不足でした。
すごい人は、ごみ袋の二回り大きなビニール袋を全身にかぶって、そのビニール袋からカメラを
出すという出で立ちでした。あれはいいですね。来年はあれでチャレンジです。
なお、三脚は持ち込み不可ですが、持っていても何の役にも立ちません。

江包・大西の御綱

2月11日撮影
今日は県内各地での農耕にまつわる行事・神事が数多く行われています。
この「江包・大西の御綱」もそのような行事のひとつですが、今年、
国の重要無形民俗文化財に指定され、県内としては7例目とあって、
多くの見物客で賑わっていました。
*地元では「江包・大西のお綱祭り」と呼んでいます。

行事の進行はまず大西地区から始められます。
大西の市杵島神社を出発した女綱は、町内を練り歩き、途中で泥相撲を
取りながら、素戔嗚神社を目指します。

0211-tsuna-oonishi.jpg

その後、江包でも男綱が出発。同様に町内を練り歩き、こちらも途中で
泥相撲がありました。

0211-tsuna-etsumi.jpg


そして、男綱(江包)が田遊び(相撲)に夢中になる中、女綱(大西)から
7回半の呼び出しがあり、それに応えて、男綱も素戔嗚神社に到着し、
いよいよ、クライマックスの合体?です。

0211-tsuna3.jpg

《撮影メモ》
それぞれの場面は面白いですが、なかなか絵になりません。(私が下手なだけかも)
ハイライトの合体シーンも、みんなに押されるように近づきすぎて、実際に見た人
じゃないと、良く判らないかも知れません。
この祭りの合体以外の特徴である、泥相撲などは良い被写体です。
どれだけのシャッターチャンスがあるかの勝負になりそうです。
あと、お天気が良くない日なら、泥相撲の時、長靴があると良さそうです。

若草山焼き

1月28日撮影
若草山焼きの由来は諸説ありなかなか難しいのですが、良く言われる「興福寺と東大寺の領地争い」
と言うのは、正しくないと保存会の方がおっしゃられていました。
また、開催日についても昔は成人式に合わせていたものが、第2土曜日になったりして
わからなくなっていましたが、今は1月第4土曜日に固定されたようです。
その方が、観光客の方にもわかりやすいですね。

さて、普段は遠くからの遠望で長時間露光による撮影が多かったので、今回は山麓へ行ってみました。
午後5時30分 水谷のあたりで神聖なご神火を起こされたあと、奈良奉行役や東大寺・興福寺・
春日大社などの僧侶や神官らの行列が入って来られました。

0128-waka1.jpg

その後、野上神社で手松明とかがり火により神事が執り行われます。

0128-waka2nogami.jpg

最後にご神火が松明に移され、さらに若草山の火床へと移されていきます。

0128-waka3.jpg

午後6時過ぎに奉納花火があがり、30分過ぎに若草山に火が着けられました。
今年は午前中に雪のちらつく生憎の天気でしたが、よく燃えていたと思います。
全体を撮っても手持ちでは綺麗じゃないので、望遠レンズで炎に浮かぶ火着け役さんの
シルエットを狙ってみました。

0128-waka4.jpg

0128-waka5.jpg

茅原の大とんど(左義長)

1月14日撮影
御所の吉祥草寺の左義長、茅原の大とんどです。
1月14日という日は、五條の陀々堂の鬼走りと同じ日なので、ちょっと悩みました。

かなりの混雑と聞いていたので、5時頃境内に到着しましたが、さすがに早かった。
もちろん何人か、カメラマンさんはいましたが、その方たちは後方からの三脚使用組。
私は手持ち撮影のつもりだったので、前の方で陣取りましたが、まぁ、あと1~2時間後
でも良かったかな。

堂内では読経が続いています。

0114-chihara1.jpg


で、いよいよ点火。
しかし、目の前に消防さん・自警団さん・おまわりさんに前をふさがれて、大失敗!
あーこんなことなら、後方からの三脚が良かったかなぁ・・・と少々反省も
火が大きくなると、熱くて、みなさんは逃げるように目の前が開けました。の一枚!

0114-chihara2.jpg

《撮影メモ》
後方から三脚で撮るなら、3メートル位大きな三脚が必要。当然、脚立も・・・
でないなら、今回、新調した広角ズーム12-24mmで。

諸鍬神社 御田植祭

1月9日撮影
葛城市弁ノ庄で行われる御田植祭に行ってきました。
拝殿にて神事のあと、拝殿前に作られた5メートル四方程度の田んぼに見立てたところで
農耕の所作があります。
あまり古くない牛の面を付けた役を、白装束を付けた農夫役さんが田起こしの道具を持って
ついて行きます。

0109-moro1.jpg

その後、役員さんらによって松葉を苗に見立てて田植えが始まります。

0109-moro2.jpg

最後は御供まきです。
こちらのお餅は4色で、とってもカラフル~
私も4色、頂いてきました。

0109-moro3.jpg

《撮影メモ》
あまり知られていないのか、町外のギャラリー・カメラマンは少な目
今日は、30分も前に到着すれば、好きな場所が押さえられました。
私は真正面を選び、それはそれで良かったのですが、APS-Cで18mmでは
広角が少なすぎて、言い方を変えると、前に行き過ぎて全体を押さえられませんでした。
次回は12mm位からの広角を用意しよう。

植槻八幡神社

1月7日に行われた大和郡山にある植槻八幡神社の御田植祭です。
行事は10時から執り行われるのですが、出遅れて10時30分頃に到着したら
案の定、始まっていました。

県内の御田植祭は2月~3月がピークですが、ここの御田植祭が奈良県内で最初に
なるように思います。(確か、最後は6月の石上神宮かな?)

まぁ、始まっていたとはいえ牛を使った田起こしや松苗の植えつけなどの所作、
地元も子供さんの奉納踊りも拝見できました。

0107-ueki1.jpg

また、御田植祭が終わったあとは、御供撒きの一種としての、みかん撒きがあったり、
境内では、参拝者にあずきたっぷりのぜんざいの振る舞いがあり、私も戴きました。

0107-ueki2.jpg

《撮影メモ》
牛による田起こしの所作は、本殿をぐるっと3回ほどまわります。
田起こしではないかもしれませんが、もう一度3回まわるので、
チャンスは結構あります。
ただ、逆光になるのでストロボがあったほうが良かったかも知れませんね。
アップしたのは、ストロボは使用していません。
それと、その他の所作も拝殿前の屋根下で行われるので、少し暗いようです。

椣原の綱打ち(勧請綱)

毎年、1月3日に行われる椣原(しではら)の綱打ち。
県内各地でたくさん見られますが、村の境界から悪霊や厄病が入り込まないようにと願って
張られる綱で、有名なものは明日香稲淵の勧請綱でしょうか。

ここの綱の特徴は、長さが約27M,太さは約25CMあって、地元の方曰く奈良県一だそうです。
また、午後1時くらいから編んだ綱を丸めて、昨年いいことがあった人を下敷きにします。
これは、いじわるじゃなくて、「祝をたろ(イヲタロー)祝をたろ(イヲタロー)」と、
言いながら、祝ってあげると言う事だそうです。

0103-heguri1.jpg

その後、近くを流れる「竜田川」を跨ぐように綱を張るのですが、ここがまた近鉄の線路脇ということで、
非常に危険な雰囲気でした。近鉄の駅員さんも見に来られてました。

0103-heguri2.jpg

で、完成です。

0103-heguri3.jpg

《撮影メモ》
行事のメインは、丸めた綱で村民を祝ってあげるところでしょうか。
カメラマンは多くないので、位置取りに苦労はしませんが、タイミングが難しいですね。
綱が全部乗っかると、人が見えなくなるし、人が見えてると、乗っかってるイメージにならない。
あと、そばに寄って撮らないと、周りの人で、これも見えなくなりますから、広角でグッ寄って
撮影するといいんでしょうか。

大神神社繞道祭

はじめに・・・
今年からブログなるものを始めました。
ただ、良く判らないまま始めてしまったのでどこまで続けられるか心配ですが、あたたかくご指導ください。

さて、1月の無形民俗行事のトップは「大神神社の繞道祭」ですね。
1月1日の午前0時過ぎに拝殿から出された「ご神火」をかかげ、
三輪山麓に点在する十八の摂社末社を巡拝されます。

0101-miwa1.jpg

巡拝は遠く離れた檜原神社にも・・・

0101-miwa2.jpg