スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛木倭文坐天羽雷命神社の御田植祭

2013年4月13日撮影
今日は葛城市の葛木倭文坐天羽雷命神社(かつらきしとりにいますあめのはいかづちのみことじんじゃ)の御田植祭を拝見しました。
奈良県内には数多くの御田植祭(おんだ祭)があり、ここの御田植祭の特徴は行事の途中に出産場面があることですが、川西町保田で行われる六縣神社(過去記事参照はこちら)では人間が子供を出産するのに対して、こちらでは牛が子供を産む場面があります。

拝殿で神事が執り行われた後、田主役や牛役が長い石段を下って境内に設けられた神田(田んぼ)に向かいいます。
狩衣袴姿の氏子(保存会)が5人と面を付けた白い袴姿の小学6年生が4人が今回の主役です。

DSC_6656.jpg

まずは、忌竹で結界されたおよそ4メートル四方の神田の周りを鋤で畦を作っていきます。(時計回りに2周)

DSC_6664.jpg

次の田主は木鍬で田んぼを耕していきます。(時計回りに2周)

DSC_6687.jpg

つづいて牛役の登場
唐鋤で田を耕し、馬鍬で田んぼを均していきます。

DSC_6693.jpg

DSC_6714.jpg

田んぼの用意が出来たところで、松苗によって田植えが行われます。
ここでは小さなお子さんも後ろの方で参加されます。

DSC_6724.jpg

このあと牛の出産場面です。
狩衣袴姿の田主が田植えをしている間に、傍らで待っていた子牛がそっと親牛の中に潜り込んでその時を待ちます。そして、それっ!と言う合図で、子牛が誕生。子牛はそのまま田んぼの中に走り込みます。
子を産んだ親牛も、すぐ田んぼに入って、子牛と一緒に田んぼを暴れ回りますが、ここも他の地域と同じく、暴れれば暴れるほど豊作になるのだとか。勢い余って、四方に立てられた忌竹まで倒していました。(予定通りですが)

DSC_6736.jpg

DSC_6758.jpg

最後は御供撒き。
役員さんから「今日は千個撒くので、たくさん取って下さいね」と案内。
私もちゃっかり5個ほど頂いて帰りました。

DSC_6769-1.jpg

《撮影メモ》
子牛の出産場面の撮影はなかなか難しいですね。
役員さんがかぶってしまうのと、子供さんの動きが早すぎて、あっいう間に終わります。
という、事を昨年のブログに書いて、今年も同じ結果になりました。
全くレベルが上がってないなぁ・・・と反省。
スポンサーサイト

薬師寺 修二会花会式 鬼追式

2013年4月5日撮影

薬師寺 修二会花会式 鬼追式を拝見しておりましたが今日になってのブログアップです。

薬師寺の修ニ会は、東大寺二月堂と同じで、国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。
また、この法要は2月に修する行法で旧暦の2月末に行われていた事から、そのまま新暦に直して3月30日から4月5日にかけて行われているそうです。
薬師寺修二会では十種の造花がご本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、最終日の4月5日の夜には「鬼追式」が法要の結願を飾ります。

堂内での撮影が出来ないので、今回は鬼追式の撮影です。

鬼は5匹、南門からなだれ込み。南門で5匹が並ぶのですがちょっと撮れないですね。

DSC_6353.jpg

整列後、鬼が人々を威嚇しながら、舞台へと進みます。

DSC_6362-1.jpg

鬼は舞台上で暴れまわり、長い竹に付けられた松明を揺らすので、あたり一面に火の粉が飛びます。

DSC_6425.jpg

DSC_6428.jpg

DSC_6430-1.jpg

その後、5匹の鬼は毘沙門天によって、退治されて鬼追式は終了されます。
終了後には薬師寺から、松明のお守りが授与されるのですが、行事の観覧者全員に配られるそうで、大量の松明が用意されていました。

DSC_6472.jpg

宇陀 仏隆寺の千年桜(その2)

2013年4月13日撮影

先週末以来、気温が上がらない為か、仏隆寺の千年桜の満開が続いているというので、夕景をメインに撮って来ました。
前回(4月9日)の撮影分はこちら

今日はお天気が良すぎて、空が赤く染まってくれませんでした。
自然はなかなか思い通りになってくれませんね。

DSC_6533.jpg

DSC_6554.jpg

そのかわり、今日のライトアップは18:45から開始されたのと、空が明るかったのでブルーがキレイ。
おまけに月まで出てくれました。

DSC_6621.jpg

宇陀 仏隆寺の千年桜

2013年4月9日撮影

榛原から宇陀にかけて名桜が多いですね。
有名なところでは、大宇陀の「又兵衛桜」ですが、その他にも「大野寺しだれ桜」や「西光寺のしだれ桜」などたくさんの1本桜があり、今日は榛原赤埴の「仏隆寺の千年桜」を訪ねて来ました。

仏隆寺の桜は、根周7.7m、樹高16m、樹齢900年を超える県下最大最古の桜として県天然記念物にも指定されているそうです。またこの桜は、ヤマザクラとエドヒガンの雑種であるモチヅキザクラの一型と判明し、学術上も貴重な桜だそうです。(宇陀市HP参照)

まずは定番ですが、仏隆寺の参道でもある一直線に伸びる石段を配したカット

P1010025.jpg

参道に近寄って少し見上げたカット

P1010054.jpg

夕暮れのカット
日が沈む少し前に撮影。背景となる山並みが美しい

P1010093.jpg

ちょっと遊んで色調を変えて見ました。

P1010105.jpg

最後のカットは、日没後のライトアップ

P1010131.jpg

《撮影メモ》
仏隆寺のライトアップは19:00からなので、完全に空の色は残らないですね。
個人的な希望ですが18:00頃に点灯していただければ、もっと雰囲気のあるライトアップなのになぁと、ちょっと残念な感じでした。

大宇陀 又兵衛桜

2013年4月4日撮影

大和路の桜もあちらこちらで満開!
ここ大宇陀の又兵衛桜も満開でした。

撮影カットとしては超定番のアングルなので、今回はRAWで撮影後、現像時にWBを変えてみました。

1、元画像(オリジナルJPEG)
moto.jpg

2、JPEG元画像をフォトショップで彩度・色相を調整・・・あまり変わってないかも
moto3.jpg

3、WBを電球で現像(約3,000K)
den.jpg

4、WBを白色蛍光灯で現像(約4,200K)
kei4.jpg

5、WBを曇天で現像(約6,000K)
kumo.jpg

《撮影メモ》
今回はWBの変更でどうかというテストでしたが、個人的には元画像のWBをオートで撮影したJPEGが好ましくかんじました。まぁ、画像編集のプロがやればもっといい色になったかもですが・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。