スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栢森の綱掛神事(女綱)

2014年1月11日撮影

明日香村の栢森や稲淵の綱掛神事は、奈良県内の同様の行事の中では一番有名だと思いますが、実は今まで行った事がありませんでした。

よって今年は栢森と稲淵の両方を撮影しました。

まず11日は栢森の綱掛神事。こちらは女綱と呼ばれています。
「子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押し止め、住民を守護するための神事といわれている。」案内版より抜粋

綱は農作業小屋のようなところで、早朝から網始められ、概ね15時頃に出来上がります。

DSC_7327.jpg

龍福寺のご住職を先頭に綱を掛ける場所まで移動されます。
写真ではわかり辛いですが、綱はぐるぐる巻きにした状態に棒を一本渡して、二人で担いで行かれます。

DSC_7336.jpg

神事?が始まりました。
神事とは言うものの、龍福寺のご住職が読経され、行事全体が仏式で行われるのが珍しいと案内版に書かれていましたが、平群町椣原で、毎年1月3日に行われる勧請綱掛けも金勝寺で行われているので、あまりこだわる必要もないのかも知れませんね。

DSC_7355.jpg

法要が終わると、古い綱が取り外され、新しい綱に掛けかえられます。

DSC_7371-1.jpg

DSC_7379.jpg

DSC_7391.jpg

DSC_7394.jpg

《撮影メモ》
綱を編む(なう)シーンも面白いですが、今回は長くなるのでカットしました。
綱を運ぶシーンはもっと引いて撮影しても良かったかな。反省
スポンサーサイト

押熊八幡神社 卦亭(けいちん) 御田植祭

2014年1月11日撮影

奈良市押熊町。現在では大きな道路が走り、新興住宅街ですが、そういった場所にも古い行事が残されていました。

卦亭を、他の神社では結鎮や結縁、華鎮と書かれていたりしますが、基本的には農事に災いをもたらす悪いものを祓い、豊作などを願う正月の行事だそうです。

まずは宮座入りの神事からはじまります。
今年、宮座入りされるのは子供さん2名と養子に来られた男性の方です。
子供さんの方は年齢に関係なく、順番に宮座入りされるとうかがいました。

DSC_7172-1.jpg

拝殿において直会が行われます。
お饅頭とお茶が参列者に振舞われます。

DSC_7183.jpg

直会が終わると御田植祭です。
拝殿内にムシロが開かれ、田んぼに見立てられます。
田主さんが登場し、鋤や鍬を使って田んぼを作り、もみが撒かれました。

DSC_7194.jpg

DSC_7217.jpg

DSC_7237-1.jpg

拝殿での御田植神事が終わると、境内で鬼打ちが行われます。
弓を射るのは、新しく氏子入りした方々で、子供さんの家ではお父さんが代理で矢を放たれます。

DSC_7260.jpg

DSC_7264.jpg

DSC_7273.jpg

以上で神事が無事に斎行されました。
境内では神事に使用された稲?とお札が参観者にも配られます。
稲?は豊作を祈って田んぼに水口に挿したり、田んぼがなけれお家の神棚などにお祀りされるそうです。

DSC_7281.jpg

DSC_7289.jpg

《撮影メモ》
本文にも書きましたが、こんな新興住宅の多い場所でも古くからの行事が残されていて、正直びっくりしました。
拝殿には年中行事が書き記されていて、他にも興味深い行事があるようです。
特に2月6日に行われる「荘厳」という行事は古式に則り・・・とありました。どんな行事か興味深々です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。