薬師寺 花会式結願法要 鬼追式

2014年3月31日撮影

修二会というと東大寺のお松明を連想する方が多いと思いますが、そもそも修二会とは二月に修する法会という意味でここ薬師寺でも行われる仏教行事です。
昨年までは毎年3月31日から始まり、4月5日までという日程でしたが、今年から3月23日のお身ぬぐいからはじまり、3月31日が結願法要という日程に変わりました。

薬師寺の修二会が花会式と呼ばれるようになった理由は・・・(薬師寺のホームページから引用)
「所謂「花会式」と呼ばれる法要は正確には『修ニ会』と言い、薬師悔過法要であります。この法要は奈良時代から脈々と続いてきた法要です。現在の形態となっての法要は嘉承2年(1107)に堀河天皇が皇后の病気平癒を薬師如来に祈られ、その霊験を得て病気が回復したとされています。そして、皇后はその翌年に女官に命じて10種類の造花を作らせて、お薬師様の御宝前に供えられたのが、今の『花会式』と呼ばれる華やかな法要の始まりとされています。」

今回は長い花会式の法要の中から、最終日の結願法要の鬼追式を拝見してきました。
まずは、白鳳伽藍の中門に5匹の鬼が登場します。

DSC_9984.jpg

鬼は火の着いた長い松明を振り回し、参詣者らを威嚇しながら金堂前の檀上へと進みます。

DSC_9988.jpg

壇上に上がった鬼たちは松明を振り回し、手すりや竹に吊るされたかがり火を叩き、さらに暴れまわります。

DSC_9998.jpg

DSC_0012.jpg

そして、さらに勢いあまった鬼たちは手すりに登り、かがり火を揺らし周囲を火の海に変えていきます。

DSC_0048.jpg

しかしやがて薬師如来から力を受けた毘沙門天が鉾(ほこ)を手に現れ、鬼たちが鎮められました。

DSC_0053.jpg

スポンサーサイト

2014年 大和路の桜風景

2014年3月から4月撮影

今年撮影分を「大和路の桜風景」としてアップいたします。
個々の撮影日は写真の上部に書きましたのでご参考ください。

2014年3月29日撮影 香芝市 専称寺のしだれ桜
こちらのしだれ桜は初めて拝見しましたが、境内いっぱいに枝が広がり素晴らしいの一言でした。
日中の桜も大変良いですが、写真にするとなるとあまりにも大きな桜なので、空色にかなり影響されなかなか難しいですね。夕刻からのライトアップされる時刻なら、空色が残る時間帯で広角で撮影されるといい感じだと思います。

0329-1専称寺

また、お堂の灯りを背景にしても風情が感じられますね。

0329-2専称寺

2014年4月3日撮影 西吉野南山のしだれ桜

ここまで撮影に来られる方は少ないのでしょうね。
道路も乗用車が対向できないくらい狭い道を上がったところの集落です。
このしだれ桜には名前もないようですが、幹まわりの大きさからみてもかなりの古木と感じました。
まわりにはサンシュユの黄色い花もたくさんあり、素晴らしい風景です。

0403-1南山

2014年4月5日撮影 奈良の桜

東大寺大仏殿と興福寺の五重塔が入る、まさに奈良らしい有名な撮影スポット
場所は新若草山ドライブウェイの中腹で、少しですが駐車スペースもあります。
桜の紅葉もきれいなところです。

0405-1東大寺

2014年4月5日撮影 奈良の桜2

こちらも前述と同一日の撮影で、場所は若草山からの撮影です。
と言ってもそんなに高い場所まで上がらなくても、東大寺の屋根が見えればこんな景色が楽しめます。

0405-2若草

2014年4月12日撮影 西光寺のしだれ桜

ここもカメラマンの間では有名な桜ですね。
場所は室生寺の近くで車なら、5分もあれば到着出来ます。
今回はライトアップの写真ですが、日中の桜も素晴らしいです。

0412-1西光寺

2014年4月24日撮影 曽爾村 屏風岩公園の桜

奈良県内では遅く開花してゴールデンウィークあたりまで楽しめるとされていますが、今年はちょっと早かったかもしれないですね。

0424-屏風

《撮影メモ》
今年の撮影分から少しピックアップしてみました。
桜の写真はなかなか難しいですね。
青空をバックにのびやかに枝を広げるのもいいし、夕闇に浮かび上がる妖艶な夜桜もまた格別。
さらには今年は休日とうまく合いませんでしたので、朝もやの中で幻想的に咲く桜はまた来年にチャレンジです。

村屋神社 御田祭 (御田植え神事)

2014年2月11日撮影

小泉神社に続いて時間的に夕方から始まる村屋神社の御田祭を拝見しました。
実の所、ここ村屋神社の御田祭は昨年も拝見したのですが、なかなか写真的に良さそうな感じで撮れませんでした。
で、今年は・・・いや、今年もなんですが、行事のご紹介を兼ねてアップさせていただくことにします。

拝殿前に作られた忌竹で結界された田圃
今年の恵方にあたる場所に草のようなものが挿され、塩や酒でお祓いをされます。

DSC_8941-1.jpg

祝詞奏上などひと通りが終わると、神主が田圃の畔切りをします。

DSC_8945.jpg

こちらは田起こし。若い神職さんなので思い切りがいいです。

DSC_8951.jpg

モミを蒔くシーン

DSC_8964.jpg

そして牛さんの出番です。
牛さんは中学生くらいの男子が演じます。

DSC_8969.jpg

またもや神職さんの出番。
田圃をきれいにされます。

DSC_8973.jpg

巫女さんの舞

DSC_8984.jpg

そして神職が田植をされるのですが、これがまた難しい。
苗を植える所作をしたあと、それを一気に上に高く放り投げるのですが、昨年の失敗を忘れていて、今年も失敗しました。

DSC_8988.jpg

DSC_8995-1.jpg

神事の最後には御供撒きがあります。

DSC_9003-1.jpg

小泉神社 御田植祭

2014年2月11日撮影

2月11日というのは民俗行事撮影者にとって大切な、そして悩む一日です。
それはこの日が県内の御田植祭のピークで、あちらこちらの神社で実施されることにほかなりません。
有名どころで言えば、広瀬神社の砂かけ祭などもこの日ですね。

そんな中、今年は大和郡山市の小泉神社の御田植祭を拝見しました。

まず最初は、氏子さんのお子さんでしょうかかわいい巫女さんによる舞が奉納されます。

DSC_8736.jpg

御田植祭の手順は他の神社と大きく変わることはないようです。

DSC_8753.jpg

違うのは、前述した広瀬神社の砂かけ祭り同様で、行事の進行に「砂」が使われることです。
広瀬神社の砂かけは、田男が観客めがけて、砂をかけると、観客もそれに応戦する形で、砂のかけあいとなりますが、こちらの小泉神社では、観客が牛さんに砂をかけます。
それもあまり元気よくではなく、どちらかといえば遠慮がちに・・・
巫女さんも牛に砂をかけておられます。

DSC_8791.jpg

後ろ姿ですが、砂をかけられた牛さん。

DSC_8804.jpg

モミがまかれます。

DSC_8855.jpg

巫女さんによる田植の神事
3人が横一列に並んできれいに植えていきます。

DSC_8882.jpg

植えられていた「苗」と「水口に刺すお札」です。
記念に撮影だけさせていただきました。

DSC_8898.jpg

最後は御供撒き
お餅もありましたが、ミカンもありました。

DSC_8916.jpg

《撮影メモ》
こちらの御田植祭は比較的空いていたので撮影の位置取りは容易でした。
しかし、牛さんに砂をかけるシーンがメインなんですが、これがなかなか難しい。
本文にも書きましたが、あまり盛大にかけないので田男さんに隠れてしまうんですよね。
それと奥行きがないので、田男~牛さん~鍬などを全部入れるのがなかなか厄介でした。

野依白山神社 豆焼き(年間の天候予報)

2014年2月3日撮影

2月3日といえば節分であり、鬼退治と称して各地では「豆まき」が行われる日です。
しかし、大宇陀の野依白山神社ではこの節分の日の夜に「豆焼き」と呼ばれる行事があると聞き拝見してきました。

この「豆焼き」とは、簡単に言えば「一年間の天気予報」です。
天候は農事における重要な関心事であり、いつの時代から始められたのかははっきりしないそうですが、かなり古くから行われていたように思います。
農事におけるこのような占いのような行事は、奈良市石木町の登弥神社で行われる「筒粥祭(粥占い)」も有名ですね。

夜になって、氏子らが社務所(集会所)に集まり、神事が行われます。
神事と言っても、全員で般若心経を5回程度唱和されるだけで、特別な作法はないようです。
今回、訪問した時は少し雨模様だったので、社務所内での神事となりました。

神事が終わると、本殿にお供えした「黒豆」が下されます。

DSC_8606.jpg

社務所内では氏子らが、豆焼きに使用する火鉢の中に炭を燃やし、団扇で仰ぎながら高温になるのを待ちます。

DSC_8623.jpg

さて、火鉢の中でおこした炭が真っ赤になり、いよいよ豆が並べられます。
金具に豆を並べる際には、2月が先頭で、3月、4月となり、最終が1月のようです。
また、並べる際には、先頭の2月が恵方となるようにされることが決められているようです。

DSC_8639.jpg

並べ終わった金具
写真の右手が2月です。

DSC_8642.jpg

そして、このまま火力が落ちないように調整しながら、豆が燃え尽きるのを待つのですが、これがすごい長丁場。
氏子らは、その間、酒を酌み交わし、よもやま話に花を咲かせています。

DSC_8658.jpg

火鉢の上に乗せてから、ようやく1時間。
ついに、豆に火が点きました。

DSC_8674.jpg

火が点いたことで長かった「豆焼き」も終わりかと思ったら、これからさらに1時間をかけて焼いていきます。

DSC_8676.jpg

そして開始から、2時間以上が経ち、長老から終わりの合図が出されました。
写真は占う直前の豆の様子で、白い部分は天候が良く、黒い部分は悪天候になるそうです。
左から2月、3月となり、一番右側が1月となります。

DSC_8701.jpg

焼けた豆を見ながら、長老が天候を判断されるのですが、今年の豆の焼け具合が例年より複雑で、かなり悩まれていました。

DSC_8705.jpg

こちらが、最終判定された「平成二十六年 天気予報」だそうです。
8月以降はあまり天気が良くないですね。

DSC_8725-1.jpg

《撮影メモ》
あまり知られていない行事で、あまり紹介されていないので、ご存じの方も少ないように思います。
今回、この行事を知ることができたのは、前ブログ記事である「平尾のオンダ」の時間待ちに入った喫茶店のオーナーに教えていただきました。
時間に追われながら、祭りばかりを追いかけるのもいいですが、ちょっと立ち寄った地元のお店でいろんなお話するのもいいもんだと感じた瞬間です。

平尾のオンダ(平尾水分神社おんだ祭)

2014年1月18日撮影

平尾のオンダは奈良県指定無形民俗文化財でありながら、毎年1月18日の夜に行われるためなかなか行くことが出来ませんでしたが、今年は土曜日にあたり拝見することが出来ました。

行事は大当、小当が瑞垣内に入り、献饌や祝詞奏上が行われますが、暗すぎて撮影は出来ていません。
その後、社務所内でショトメと呼ばれる5人の男女児が白い装束に着替え、直会が行われます。

DSC_7559.jpg

太夫役の大当、小当、ショトメが境内中央に設けられた舞台にあがり、神事が始まります。
大当が木製の鍬を持ち、小当は台本を片手に座り、ショトメはその後ろに並ぶように座ります。

DSC_7626.jpg

以降、演目として「鍬初之事」「掛初之事」「苗代角打之事」「苗代しめる事」「水入る事」「水戸祭之事」「福の種を蒔事」「一番干の間に荢つむぐ事」と続き、このあたりで鍬を担いだ太夫を先頭にショトメらが輪になって右にまわります。

DSC_7666.jpg

そして「御田植之事」と続き、今度は左に回ります。

神事の終盤には「若宮さん」と呼ばれる体長50センチばかりの人形が登場するのも、この行事の見どころです。
その人形は黒式尉の面をつけ、体中に紙縒りがくくられていて、参拝者らの求めによって分け与えられます。
この紙縒りは体の不調なところに良く効くとかで、私もお分けいただきました。

DSC_7698.jpg

最後は記念写真の時間

DSC_7748-1.jpg

《撮影メモ》
本文中にショトメらの右まわり、左まわりを記しましたが、実際はちょっと違うかったかもしれません。
上記は奈良県教育委員会が発行する「奈良県の祭り・行事」を見ながら自分自身の撮影と記憶を織り交ぜたもので、行事の進行が少し違う気がしておりますので、ご留意ください。