九頭神神社(小泉神社内)の九頭神祭・宵宮

九頭神神社(小泉神社内)の九頭神祭・宵宮
2016年10月1日撮影

大和郡山市の小泉神社は春の「御田植祭」や「秋の例祭」が有名ですが、今日はその境内にある九頭神神社の九頭神祭を拝見しました。
このお祭りは県の教育委員会が発行する「奈良県の祭り・行事」や、大和タイムス社の「大和の年中行事」にも記載が無く、全く知られていないお祭りです。
今回、当社の璒美川宮司に奉納相撲もあると伺い拝見させていただくこととなりました。

お祓い場面です。

D72_3401.jpg

境内を「ウワハーイ」と声を出しながら、時計方向に三周されます。
「ウワハーイ」は「産土を拝する」という「ウブスナハイ」が訛ったものだろうと言うことでした。
臨場感となるとストロは無いほうが良いのですが、日没後なのでやむなく。
また、本来は宮司の他に七人の長老や当屋が参加されるのですが、今日はお一人欠席の六人で行われました。

D72_3421.jpg

奉納相撲もあります。
本来は紋付を着た長老三人で、一人が行司役となり、残りの二人が取り組まれるのですが、前述のとおり一人の長老が欠席のため、宮司が行司役となられました。
他の奉納相撲にも例がありますが、取り組む格好をされるだけで、勝負はされず、勝敗もありません。

D72_3430.jpg

すべての行事が終了し、記念写真を撮られていただきました。
相撲の時には角度的に良く見えていなかったのですが、二人の長老の首の後ろに御幣が刺さっています。
これはお相撲さんのちょんまげにあたるそうです。

D72_3431.jpg

D72_3433.jpg

直会 お疲れ様でした。

D72_3434.jpg

スポンサーサイト