FC2ブログ

春日若宮おん祭 お旅所祭(後半)

2017年12月17日撮影
春日若宮おん祭 お旅所祭(後半)

前回ブログでは社伝神楽までをアップしました。
私のイメージとしては神楽までが正式な神事?。その後は芸能の奉納という感じでしょうか。

子供が奉納する東遊、そして細男・猿楽・和舞などが供せられます。
この時間になるとあたりがどんどん暗くなってISOを上げていくのですが画質には厳しくなってきます。
途中、その他の奉納もありましたが位置的に所作が写せなかったので掲載していません。
数々の奉納をご覧ください。

D72_0159のコピー

D72_0218のコピー

D72_0285のコピー

D72_0331のコピー

D72_0388のコピー

D72_0442のコピー

D72_0555のコピー

D72_0587のコピー

この後、蘭陵王・納曽利と続きますが、これはまた来年のお楽しみということで。
スポンサーサイト



春日若宮おん祭 松の下式からお旅所祭(前半まで)

2017年12月17日撮影
春日若宮おん祭 松の下式からお旅所祭(前半まで)

いよいよ17日は本祭です。
撮影はないものの「本殿祭・御留守事・試しの儀」などあり、お渡り式と続いていきます。
同時進行で行われる行事もあって全部を拝見するには数年かけないと見れないですね。

さて、お渡り式と言われる行列が春日大社の一の鳥居に到着すると、その一部の方が影向の松と呼ばれる場所で芸能の一節や所定の舞を演じられます。

猿楽

D72_0002のコピー

田楽

D72_0033のコピー

稚児流鏑馬は松の下から少しお旅所に向かったあたり、3人の稚児が2ヶ所で行います。
今年の稚児さんは勢いが良くて、弓を引き絞ったところでの為がなく、あっさりと矢を放たれたので、なんとか撮影できたのは一人目だけでした。

D72_0069のコピー

他にも「競馬」などもありますが、今回は断念して、お旅所内で神事を拝見。

社伝神楽と呼ばれる春日大社独特の舞。

D72_0129のコピー

D72_0150のコピー

春日若宮おん祭 大宿所祭

2017年12月15日撮影
春日若宮おん祭 大宿所祭は、12月17日に行われる遷幸の儀から還幸の儀までの本祭に先立って行われる行事であり、奈良市内の餅飯殿町(もちいどのちょう)で毎年12月15日に執り行われます。
これはその昔、おん祭を差配した大和国の有力な士たちが精進潔斎をして祭礼の前日に大宿所に参集し、お籠りをしたことが起源となっています。

現在ではJR奈良駅前を出発し、三条通を練り歩き、午後2時過ぎに大宿所に到着します。

明治以降途絶えていた「御湯立の式」が復興されています。
湯立巫女が藁で編んだ「サンバイコ」を腰に巻くのが習わしとされ、主に安産祈願など女性に関する祈願ごとに霊験があるそうです。

D72_9533のコピー

御湯立は午後2:00 16:30 18:00の三回行われます。
写真は1回目のシーン

D72_9535のコピー

大きな釜で熱く熱せられたお湯に笹を入れ、大きく振り回すと、あたり一面にしぶきが飛び散り、その場が清められていきます。

D72_9600のコピー

晩秋の明日香

2017年12月1日撮影
西日に照らされた棚田が美しい晩秋の明日香

P1120552-700.jpg