スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大保町 八坂神社の三角跳び

2012年10月13日撮影

奈良市の東山中と呼ばれる地域には国や県の指定を受けてはいないが地域で大切に守られている伝統芸能がたくさんあります。
今回は大保町八坂神社の宵宮祭を拝見しました。
前もって調べて行ったのですが、少々早めに到着し、おかげで準備されるところから拝見することが出来たのは嬉しい誤算です。

準備は境内で竹を切って決められた長さに揃えておられました。
そして出来上がった竹に御幣を付けていくのですが、長老さんから「違うがな~」とやさしい指導が入ります。
でも、こうやって伝統が守られて行くのかなぁと、何か心温まるシーンでした。

DSC_6555.jpg

準備の一つとして餅つきが行われましたが、そのためにわざわざ着替えておられ、手には太鼓やササラ、笛をもっておられます。そして、楽器の囃子に合わせて餅つきが行われました。(は、ちょっと言い過ぎ)

DSC_6576.jpg

搗いた餅は早速みんなで丸められます。

この餅つきは2回行われ、大きめの鏡餅が6組?
小さなお餅を100個作られます。みなさん、楽しそうです。

DSC_6626.jpg

午後から神社の周囲を行列して回ります。
先頭は大きな御幣、つづいて唐櫃、竹で作った御幣を12組まとめたもの、そしてオワタリ衆が続きます。

DSC_6651.jpg

神社に戻った後、拝殿で宵宮祭のクライマックス「三角跳び」が行われました。
拝殿の中央に、太鼓を置き、オワタリ衆が扇子で回りを仰ぎます。
この作法は他の地区でも見かけますが、意味合いは良く判りませんでした。

三角跳びは、中央に太鼓をおいて、その周りを三回に分けて飛び、元の場所に戻ります。
その後、笛、ササラなど、全員が三角跳びをして、宵宮祭は終了です。

DSC_6725-2.jpg

《撮影メモ》
おまけ画像はお昼の休憩時に近くで撮影しました。
コスモスが秋風に揺れてとても気持ちの良い日でした。

DSC_6636.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

さいが : 2012/10/23 (火) 06:01:53

おはようございます。10月のアップ、すごいね。ほんとにあちこち訪ねられて。いつも楽しく勉強しています。

とやまん : 2012/10/23 (火) 10:00:49

雑賀さま おはようございます。
いつもご訪問いただき誠にありがとうございます。
10月は県内各地で祭事があります。
この祭りもいいなぁ、あっちの祭りもいいなぁ・・・と目移りするのですが、1日に行けそうなのは3件が限界!
ぼちぼちがんばります!
面白そうな情報がありましたら、ご教授ください。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。