スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大保町 八坂神社の横跳び

2012年10月14日撮影
前日に引き続いて大保町の八坂神社で今度は「横跳び」が行われました。
まずは拝殿内ではなく、境内で祝詞が奏上されます。

DSC_6894.jpg

その後、神饌の儀
オワタリ衆が榊の葉を咥えて、お供え物を手渡しされます、これは神様へのお供え物に不浄な息がかからないようにだとか、もちろん無言でした。

DSC_6903.jpg

ひとおおりの祭式が終わると、ローシュ、トーヤヌシ、オワタリ衆は境内を出て、鳥居の横まで移動し、「モリガミ呼び」という所作が行われた。

DSC_6913.jpg

「モリガミ」というくらいだから、森の神様のことであろうと思われますが、一つのモリガミ呼びが終わると、また別の角度で、同じように「モリガミ呼び」が行われます。昔は、もう少し移動されていたという話も聞きますが、手持ちの資料にも記載が無いのでいろいろ諸説があるのでしょうね。

DSC_6929.jpg

また意味は良く判りませんが、その後境内を3回ほどぐるぐるまわります。

DSC_6952.jpg

さて、いよいよ「横跳び」です。
前日の「三角跳び」は、拝殿内で行われましたが、今回の横跳びは境内で行われました。
作法は向かい合って、両手を広げた状態で、反復横跳びの反復しない感じで横に跳び、2~3回で反転、今度は背中合わせで、横跳び、最後にまた反転して、向かい合って横跳びされます。
これを合計3回繰り返して終了。

DSC_6982.jpg

で、通常は終了ですが、今年は某公的機関の調査があって、違う角度で撮影したいという申し出があり、祭式終了後に、再度横跳びが行われました。
という事で、私も違う角度でもう一枚。

DSC_7002.jpg

《撮影メモ》
2日間にわたって大保の八坂神社の三角跳び・横跳びが拝見出来て大変興味深い所作が沢山ありました。
また、2日間は非常に天候も良くて、なにより地元の皆さんに大変お世話になりました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

- : 2014/12/02 (火) 19:01:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。