丹生神社 宵宮の横跳び

2012年10月20日撮影

奈良市の東山中と呼ばれる地域では、秋の例祭に「横跳び」や「三角跳び」という作法がありますが、ここ丹生神社では宵宮に「横跳び」が奉納されました。
他の地域と大きく所作が変わることはありませんが、他の地域と違うのは観客、つまり地元の参拝者が本当にたくさんいらっしゃいます。
そして、神事ではありますがなんと賑やかに行われます。子供さんなどは舞台脇から身を乗り出しておじいちゃんに声援を送っていました。

写真の点数は多くありませんが、まずは「横跳び」のシーン

DSC_7659.jpg

その後、神事相撲が奉納されるのですが、これが真剣!
本当は前もって勝敗が決まっているらしいのですが、負けが決まっている方はいいところを見せてから負けたいようで、勝のが決まっている方も、あまりの懸命にタジタジでした。

DSC_7688.jpg

《撮影メモ》
横跳びは拝殿内でされるので、非常に狭くかなりの広角レンズでも全体が入りません。
離れると幕が張ってあるのでそれが邪魔になるので難しいですね。
毎年かどうかわかりませんが、おでんの振る舞いをいただきました。
秋の夜で冷えた体にとっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: