スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御杖村 神末祭り 太鼓台と獅子舞

2012年11月4日撮影

御杖村には先日掲載させていただいた四社神社の獅子舞など、郷土芸能的なお祭りが数多く残されていています。
今回は御杖神社の太鼓台と獅子舞を拝見しました。

御杖神社は、天照大神をお祀りする場所を探していた倭姫が、候補地のしるしとして杖(御杖)を残したという伝承のある土地で、村名の「御杖」はこの伝承に由来しているといいます。

地元青年団に担がれた太鼓台は村内を練り歩き、ご祝儀をいただいた家の前で太鼓台を差し上げます。
もちろん車輪はついておらず、村内といってもとても広いのでなかなか大変そうです。

DSC_8888.jpg

途中、地元青年がおばあちゃんのところに近づいてご祝儀をいただくシーンに出逢って、これはなかなか素朴な感じと思ったら、横から別の方が現れ、「はい、ポーズ!」まぁこれはこれで良しとしますか。

DSC_8892.jpg

田園風景の中を練り歩く太鼓台。奥に見える森が御杖神社です。

DSC_8899.jpg

御杖神社に到着した太鼓台は広くない境内を右に左にグルグルまわります。
それも、結構速いスピードでした。

DSC_8928-2.jpg

最後には歌舞伎なんかで良く使われそうな、クモの糸のようなものがかけられました。

DSC_8958.jpg

引き続き、獅子舞の奉納です。
拝殿内での奉納があり、その後、境内で披露されます。
所作もキレイで、動きもスムーズだと思ったら、こちらの獅子舞はプロの方の奉納

伊勢大神楽でよくある継ぎ獅子などが奉納されます。

DSC_8995.jpg

DSC_9024.jpg

DSC_9087.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。