下平田のイノコ

2012年12月15日撮影

県内のいくつかの地域で行われる「イノコ・亥の子」。
五穀豊穣や子孫繁栄を祈って行われるといいますが、はっきりしたことは判っていないようです。
前回は高取町のイノコを撮影しましたが、今日は明日香村の下平田で行われるイノコを拝見しました。

イノコをするのは、小学生高学年の子供さんが中心ですが、中にはお兄ちゃんに交じって年少の子供さんも一緒にまわるようです。
地面をたたくワラの束は、子供さんが自分たちで作られると聞きました。

DSC_0344.jpg

イノコの所作、つまりワラの束で地面を叩くという所作は他の地区と大きく変わりませんが、唄(歌詞)が地域によって少し変わります。(曲は概ね似た感じでした)

イノコの晩に 餅つかん家は
箸で家を建てて 馬の糞で壁ぬって
ここの嫁はん いつもろた
3月3日の朝もろた
鰯3匹 酒5合
新米ワラで 祝てやろ
もひとつおまけに 祝てやろ

*2012年12月8日に撮影した、佐田のイノコをご参照ください。

DSC_0371.jpg

もう一つ、他の地区と違うのは、男の子のグループと女の子のグループが分かれて、集落内を回るということでしょうか。
今回は男の子のグループにご一緒しました。(女の子もいますが・・・)

DSC_0402.jpg

最後は集会所に戻って、いただいたお小遣いをみんなで分け合います。

DSC_0431.jpg

《撮影メモ》
集落を回りながら、イノコを行う家と、通過する家があるので警備役の若いお母さんに聞いたところ、よその土地から引っ越してきた家や、子供さんが居ない家は、このイノコを知らないので、説明するのが大変。
なぜ、縁もゆかりのない子供にお小遣いをあげるのかが説明できないとのことで、飛ばしているそうです。
これから、どんどんそうなってしまうのかなぁと思うと、ちょっと寂しい気持ちになりました。

また、そのお母さんも地元の人ではなかったので、初めてこの行事を知った時は、なんやこれは?と思ったそうです。

おまけの写真は、今回、行事に参加された子供たち。
役員さんのご了解を得て、撮影させていただきました。

DSC_0341.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: