スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田原本 八坂神社 弓の華鎮祭

2月26日撮影
この弓の華鎮祭は農家に生まれた男子で、生まれた順の5人づつがこの行事を務める主役になります。
祭具は弓型の白梅、矢、千本矢、藁人形、牛王さんを飾り付け、さらに的を準備します。
華鎮の行事は弓矢で悪霊を射ち、その年の安泰や稲作の豊作を祈願して行われるお正月行事だそうです。
写真は八坂神社に向かう参加者ですが、あくまでメインは子供たちです。

0226-yasa1.jpg


拝殿での祝詞奏上の後、的の前に作られた祭場で「結鎮祭文」が読みあげられます。

0226-yasa2.jpg

その後、宮司さんが弓型の白梅で四方を射ち、悪霊を取り除きます。

0226-yasa3.jpg

5人の子供さんの代わりにお父さんが的をめがけて矢を打ちます。
15メートルくらいはあるかもしれません。なかなか命中しませんが、楽しんでおられるようでした。

0226-yasa4.jpg

《撮影メモ》
いつものように祭典のはじまる1時間30分前に現地入りしましたが、誰もいない???
カメラマンだけじゃなく、氏子さんの姿も見えないので少しあせりましたが、1時間前くらいに
ようやく集合されました。
カメラマンさんも大勢おられましたが、一般的に知られたお祭りじゃないので、一般の参観者も
少なく、撮影途中でも移動は簡単です。
ただ、所作は多くないのでポイントを絞ってきっちり撮っておかないとやり直しや他のカットで
埋め合わせとかは出来ないです。

弓を弾く場所にはこんな飾りがありました。

0226-yasa5.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。