天理市藤井 三十八神社 鬼打ち

2013年1月13日撮影

昨日の荒蒔に続いて、同市の藤井町でも「弓引き」が行われ、ここでは「鬼打ち」と呼ばれています。
どちらの弓引きや鬼打ちも手作りが多いですが、ここ三十八神社はなかなか大がかりです。

矢は細いスス竹を切って、中だけを上手く割いて、紙の羽が付けられます。

DSC_1703.jpg

弓は桜の木です。
これがなかなか堅いのか、三人がかりで押さえつけながらの作業。あまり強く曲げすぎて折れてしまった物も。

DSC_1698.jpg

薄く、細く、皮だけにした竹を編んで、大きな的が作られ、最後は中央に「鬼」と書かれた紙が貼られました。

DSC_1718.jpg

宮司、長老、兄当屋、弟当屋、役員、地元の方の順で、沢山の矢が放たれました。

DSC_1728.jpg

DSC_1734.jpg

DSC_1736.jpg

DSC_1778.jpg

最後は、放たれて境内に落ちた矢で、手で的の鬼を突き刺し、牛玉と苗松を括り付けて苗代の水口に挿すそうです。

DSC_1788.jpg

《撮影メモ》
「三十八神社」と書いて「ミズハジンジャ」と読む・・・という記事やブログなどを見かけておりましたし、また「ミズハ」は、「ミズハノメノミコト」という水を司る神様であることから、てっきりそう読むものだと思っておりましたら、地元の方は普通に「サンジュウハチジンジャ」と言われていました。
勝手な想像はいけませんね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: