スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄見原神社 国栖奏

2013年2月23日撮影

国栖奏は奈良県の無形民俗文化財に登録される貴重な行事です。
行事日程は旧暦の1月14日と定められていて、今年は2月23日となりました。

国栖奏は「国栖舞」とも古い記録にあり、舞が中心の行事でもあるようです。
その舞は、吉野国栖に逃げ落ちた大海人皇子を慰めたという伝承もあるようですが、現在行われている国栖奏は、昭和の初めに多忠朝(オオノタダトモ)によって雅楽化されたものだそうです。(大和の年中行事より)

また、国栖奏は俳句における新年の季語ともなっているようで、他の民俗行事ではお見かけしない俳句ファンも沢山おいでになるようです。

行事は神主?さんのお参りから始まりました。

DSC_3761.jpg

鼓翁一人、舞翁二人、笛翁四人、歌翁五人による舞翁という編成だと聞いていましたが、神主さんを含めても10人ですね。次回、来年に機会があれば確認しないといけません。

翁の舞が始まりました。
基本的には本殿に向かって奉納されるのですが、途中に数回、回りながらこちら側に向いていただけるシーンがあります。

DSC_3811.jpg

境内が狭く、動き回れず同じ角度のカットばかりになってしまうので、舞の動きを表現しようとスローシャッター(6分の1秒)で撮影したカットです。
ちょっと、遅すぎでしょうか。

DSC_3839.jpg

舞の最後のほうで行われる変わった所作があります。
「口を打って笑う」所作とも聞いたことがあり、笑いのシーンだと思いますが、手元資料では確認出来ませんでした。

DSC_3855.jpg

舞が終わると、地元の方をを中心にお供えされた方々の名前が呼ばれ、名前が呼ばれるたびに「エンエイ」と囃し立てられます。

国栖奏のお供え物も特徴があり、山菓(くり)・醴酒(一夜酒)・腹赤の魚(ウグイ)・土毛(根芹)・毛獼(赤蛙)など珍味が供えられていました。
その中でも特に興味があったのが、毛獼(カエル)と腹赤の魚(ハラカノ魚)でしょうか。

DSC_3885.jpg

DSC_3888.jpg

《撮影メモ》
境内が狭いので、それなりに早く到着していないとなかなか撮影が難しいですね。
しかし、早く行って前列にいると境内に上がる前の所作が撮れないので、痛し痒しです。
写真にはありませんが、集会所には天武天皇の掛け軸があったり、スズリブタといわれるお供えがあったりと、舞だけではない奥行のある行事です。
地元の方が出されていたぜんざいをいただいておりましたら、「一夜酒」という、天武天皇も召し上がった(かも知れない)お神酒を頂戴しました。
砂糖が入ってるのか?と思うぐらいとっても甘いお酒でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。