長尾神社 おんだ祭

2013年3月4日撮影

ブログの順番が少々前後しておりますがご容赦ください。

葛城市の長尾神社のお田植祭を拝見しました。
長尾神社は大和に住む大蛇が三輪山を七回り半した尻尾がこの神社まで届いていたといわれることから長尾の名前が付いたと言われるそうです。
神社は磐城駅の近くの住宅街にあり、住宅を突き抜けるような長い参道と真っ赤な鳥居が印象的です。
また、この地は竹内街道、長尾街道、横大路が交差する交通の要衝地で、交通安全や旅行安全の神様としても信仰されているそうです。

お田植祭の所作については他の地域と大きく異なりません。
まずは、スキやクワの所作があります。
子供さんには何をしている場面か見当もつかないんでしょうね。

DSC_4429.jpg

つづいて牛の登場
これも、田起こしとマンガが行われます。
牛の中で演じてくれているのは小学校の高学年の男の子

DSC_4438.jpg

モミまき(種まき)

DSC_4462.jpg

ここで、牛さんの再登場!
この時は何の道具もつけないで、牛が暴れてくれます。
暴れれば暴れるほど、豊作になるというお話で、このあたりの言い伝えも他所と似ていますね。
牛さんの頑張りに拍手喝采!

DSC_4491.jpg

そして早乙女による田植えの所作
この早乙女さんは小学校の高学年の女の子です。

DSC_4500.jpg

最後は御供まき
本殿からと境内に設置された舞台(画面右方向)の両方から餅が撒かれるので皆さんあちこちに目を配っておられました。

DSC_4518.jpg

《撮影メモ》
葛城市のHPなどでは14:00から開始となっていましたが、実際は16:00頃の開始でした。
小学校が終わらないと始まらないので当たり前と言えば当たり前ですが・・・
ただし、推測ながら土日に当たる日程なら早いのかも知れませんね。
お餅は紅白で番号が書いてあればあたりということで、景品付きの御供撒きでした。
私も紅白一個づつ頂戴し、おいしくいただきました。

おまけ画像は牛さんのアップ。神事の開始前に撮影させていただきました。

DSC_4398.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: