佐保川 川路桜

2013年3月30日撮影

今年の桜開花は少し早かったですね。奈良市の佐保川沿いの桜並木も満開です。

春日原生林を水源として、奈良市内を通り、大和郡山市で大和川に合流するまでが佐保川と呼ばれています。
桜並木はその川に沿って1000本近くあるといいますが、花見客でにぎわう佐保川小学校の前辺りは夜間にライトアップされるとあって、人気がありますね。
その佐保川沿いにはソメイヨシノが5本あり、幕末の奈良奉行、川路聖謨(としあきら)の名から「川路桜」と呼ばれる老木があります。
川路聖謨が奈良奉行を務めた約5年の間、川路は興福寺や東大寺、町の有力者らに呼びかけ、町ぐるみの緑化運動を始めたと言われ、「川路桜」はその時の名残だとされています。

夕刻からライトアップの時間帯まで、撮影したものを時間順に並べておりますので、お楽しみください。

DSC_6200-1.jpg

DSC_6208.jpg

DSC_6228.jpg

DSC_6230.jpg

DSC_6241.jpg

DSC_6244.jpg

DSC_6253-1.jpg

《撮影メモ》
撮影時間帯は1点目が、17:32 最終カットは、18:48 でした。
やはり日没直後が空の色が残っていい感じでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: