スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇陀 仏隆寺の千年桜

2013年4月9日撮影

榛原から宇陀にかけて名桜が多いですね。
有名なところでは、大宇陀の「又兵衛桜」ですが、その他にも「大野寺しだれ桜」や「西光寺のしだれ桜」などたくさんの1本桜があり、今日は榛原赤埴の「仏隆寺の千年桜」を訪ねて来ました。

仏隆寺の桜は、根周7.7m、樹高16m、樹齢900年を超える県下最大最古の桜として県天然記念物にも指定されているそうです。またこの桜は、ヤマザクラとエドヒガンの雑種であるモチヅキザクラの一型と判明し、学術上も貴重な桜だそうです。(宇陀市HP参照)

まずは定番ですが、仏隆寺の参道でもある一直線に伸びる石段を配したカット

P1010025.jpg

参道に近寄って少し見上げたカット

P1010054.jpg

夕暮れのカット
日が沈む少し前に撮影。背景となる山並みが美しい

P1010093.jpg

ちょっと遊んで色調を変えて見ました。

P1010105.jpg

最後のカットは、日没後のライトアップ

P1010131.jpg

《撮影メモ》
仏隆寺のライトアップは19:00からなので、完全に空の色は残らないですね。
個人的な希望ですが18:00頃に点灯していただければ、もっと雰囲気のあるライトアップなのになぁと、ちょっと残念な感じでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。