薬師寺 修二会花会式 鬼追式

2013年4月5日撮影

薬師寺 修二会花会式 鬼追式を拝見しておりましたが今日になってのブログアップです。

薬師寺の修ニ会は、東大寺二月堂と同じで、国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。
また、この法要は2月に修する行法で旧暦の2月末に行われていた事から、そのまま新暦に直して3月30日から4月5日にかけて行われているそうです。
薬師寺修二会では十種の造花がご本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、最終日の4月5日の夜には「鬼追式」が法要の結願を飾ります。

堂内での撮影が出来ないので、今回は鬼追式の撮影です。

鬼は5匹、南門からなだれ込み。南門で5匹が並ぶのですがちょっと撮れないですね。

DSC_6353.jpg

整列後、鬼が人々を威嚇しながら、舞台へと進みます。

DSC_6362-1.jpg

鬼は舞台上で暴れまわり、長い竹に付けられた松明を揺らすので、あたり一面に火の粉が飛びます。

DSC_6425.jpg

DSC_6428.jpg

DSC_6430-1.jpg

その後、5匹の鬼は毘沙門天によって、退治されて鬼追式は終了されます。
終了後には薬師寺から、松明のお守りが授与されるのですが、行事の観覧者全員に配られるそうで、大量の松明が用意されていました。

DSC_6472.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

MARKMAX : 2017/03/31 (金) 19:22:51

今日薬師寺の花会式・鬼追式を撮影したいと思っていたが、生憎の天気で断念しました。それでも素晴らしい写真が見られて、何となく本物を見た気分です。

管理人のみ通知 :

トラックバック: