スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇穴の汁かけ祭り ふれ太鼓から頭屋迎え

2013年5月5日撮影

御所市に蛇穴と呼ばれる地域で「汁かけ祭り」という変わった行事があります。
基本的には蛇祭りで他の地域でも見ることが出来る、「藁で作った蛇で集落内を巡航される行事」で、農事に関わるものだろうと考えられているようです。

前記事では、「蛇穴の汁かけ祭り 本番」と題してブログをアップいたしましたので、祭り本番にご興味がありましたら、そちらをご覧ください。*蛇穴の汁かけ祭りへのリンク

このページは行事当日の早朝から行われる内容となっています。
今回の行事撮影は長時間となりましたので、3部に分けて公開とし、このページは2部目の当日の早朝場面です。

さて、この行事の中心的な部分は、午後から行われる藁で作った蛇の引き回しですが、当日の早朝、それも日が昇る前にもこの行事の大切な習わしのひとつ、「ふれ太鼓」が行われます。

5日の早朝、いや未明の方が正しいのかもしれません。
ふれ太鼓とは、「行事の開始を告げるもの」であろうと推測しますが、頭屋さんが属する班の代表3名が、頭屋さんに置いてある太鼓を、集落内の隅々まで打ち鳴らしながら回るというものです。

撮影前までは、太鼓を担いで・・・と思っていましたが、実際は軽トラックに積み込んで、集落内をまわり始められました。
この写真の撮影時刻は午前4時半頃ですが、開始されたのはもっと早い時間でした。(暗すぎて写真にならない)

DSC_7909.jpg

軽トラックでは、ちょっと残念かなと思っておりましたら、「この車で回るのは大きい道だけ。あとは歩きますよ」ということで、このあと本当に狭い狭い路地裏のような道まで入って太鼓が打ち鳴らされました。

DSC_7937.jpg

DSC_7932.jpg

ふれ太鼓が終わるころ、東から太陽が昇ってきました。

DSC_8008.jpg

午前6時頃
こんな早い時間にもかかわらず、役員さんやお手伝いの女性たちが次々と集会所に集まって来られました。

DSC_8012.jpg

集会所の中では裏方の奥様方が、昨日に作った料理に火を入れて味の調整をしたり、お昼に出すためのおにぎりをたくさん準備されていました。

DSC_8019.jpg

おにぎりは、4升炊きの大きな炊飯器で11回分炊くのだそうで、スゴイ量のおにぎりでした。

DSC_8074.jpg

さて、行事の方は決められた時間に「頭屋迎え」というのがあります。
これは、その年の頭屋さんが役員さんに対して、「預かっている藁で前日作った蛇の頭部分と、木造の蛇のご神体を迎えに来て欲しい」という儀式が行われます。
手前の中央が、頭屋さん、正面の中央が区長さんです。

DSC_8036.jpg

そして一同は、区長さんを先頭に頭屋へと向かいます。

DSC_8044.jpg

DSC_8046.jpg

頭屋宅から蛇の頭部分とご神体を担いで神社に戻り、木造のご神体は本殿前に安置され、蛇の頭部分は境内に設けられた櫓に頭から吊られ、蛇の胴体部分作りへとつながっていきます。

DSC_8057.jpg

蛇を作るシーンは、別の第3部目として新たなページで公開いたします。

《撮影メモ》
「蛇穴の汁かけ祭り」については、これまでにも何度か撮影させていただきましたが、こんなに長時間、つまり準備段階も含めて一連の撮影をさせていただいたのは初めてです。
撮影前は長時間撮影について、そんなものを撮影して面白いかなぁと考えておりましたが、いざ撮影するとこれがまた面白い!面白い!」と言ってしまうにはちょっと抵抗がありますが、実に興味深く拝見できました。
蛇を作られる男性主体の部分はもちろんですが、奥様方の裏方仕事も祭りの重要な一部分だなぁとつくづく考えさせられました。女性の写っているシーンははっきり識別出来ないような写真をセレクトしましたが、本当はもっといい表情の写真がたくさん撮れました。やさしく接していただいた皆さんに感謝です。

おまけ画像は、木造のご神体です。カラーでは趣がないのでモノクロにしてみました。

P1010136.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。