スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

當麻寺の練供養

2013年5月14日撮影

當麻寺の練供養、正式には「當麻寺聖衆来迎練供養会式」といい、毎年5月14日の中将姫の命日に行われる行事です。
當麻寺には多くの塔頭がありますが、本堂の南側に建つ護念院では行事に先だって、二十五菩薩の面や中将姫の像が拝観出来ます。

DSC_8801.jpg

さらに堂内では生身かと目を疑うばかりの中将姫が輿の中にいらっしゃいました。

DSC_8810.jpg

練供養は、中将姫が當麻曼陀羅を織り上げた後、29歳で生身のまま極楽浄土へ往生される様相をそのまま現したものとされ、當麻寺本堂である曼陀羅堂から東方にある娑婆堂まで長い架け橋が渡されます。
曼陀羅堂は西方極楽浄土を象徴し、娑婆堂は俗世界を象徴しているそうで、その二つを繋ぐ橋を来迎橋と呼んでいます。
夕刻になり、極楽浄土(曼荼羅堂)の観音、勢至、地蔵菩薩が二十五菩薩とともに来迎橋を下って行かれます。
下る時の観音菩薩は蓮台だけを持っているのがわかるでしょうか。(これが往路になります)

DSC_8888-1.jpg

境内は非常に混雑しており、この位置からは移動出来ませんでしたが、娑婆堂に渡った観音菩薩は蓮台に中将姫を乗せて、来迎橋を渡り、極楽浄土(曼荼羅堂)に戻って来られます。
戻られる時には蓮台に中将姫が乗せられているのがわかるでしょうか。(これが復路になります)

DSC_8905.jpg

中将姫を蓮台に乗せて、極楽浄土へと向かう観音菩薩

DSC_8917.jpg

観音菩薩につづくのは、勢至菩薩

DSC_8941.jpg

そのあと二十五菩薩が夕日に照らされながら、極楽浄土である毘沙門堂(本堂)に向かいます。

DSC_8950.jpg

《撮影メモ》
行事は曜日にかかわらず、5月14日に行われます。命日なので変更はありえないですね。
今回アップした画像にはありませんが、お稚児さんの行列もありなかなか楽しい行事でした。
行事が始まる前には、護念院さまで二十五菩薩の面の拝観も出来ますし、練供養についてのご説明もいただけますので、少し前にご到着になり、そういったことろもお楽しみいただくことをお勧めします。
また、そのお話が終わったら参拝者にお面を付けていただくことも出来ました。
ということで、私もお願いしました。(写友さん撮影)

DSC_8775-1.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。