スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石上神宮の神剣渡御祭(お田植え神事)

2013年6月30日撮影

奈良では1月から各地で行われるお田植神事ですが、ここ石上神宮(神田神社)のお田植が一番遅いように思います。
正式な名称はタイトルのとおり「神剣渡御祭」、神剣とは神社に古くから伝わる「国宝・七支刀」で、石上神宮から同社の境外末社である三島の神田神社へ神剣を奉持して渡御されるお祭りです。

神職や八乙女らが本殿に向かわれます。

DSC_9870.jpg

本殿でのお祭り(撮影不可)が終わると、いよいよ渡御の始まりです。
本殿を出た行列は鳥居を出て右の集落(北)に向かいます。

DSC_9894.jpg

その後、左へ左へと回り込んで、参道正面を横切ります。
中央に見えるのが「神剣」です。

DSC_9907.jpg

道路を横断したところに三島の神田神社があり、ここで改めてお祭りがありました。
境内がせまいのでちょっと分かり辛いですが・・・

DSC_9909-1.jpg

そして、お田植神事が始まります。
鍬で田を起こすシーン

DSC_9919.jpg

牛の登場!
今年の牛役さんは新人だそうですが、若い方なので元気ですね。

DSC_9930.jpg

元気な牛役さんに、八乙女さんも大笑い

DSC_9941.jpg

他にも、鍬で土をならすシーンや、畔に豆を植えるシーンなどが演じられました。

最後は八乙女さんによる田植えのシーン
ここでは本物の苗が使われていました。

DSC_0026.jpg

《撮影メモ》
今回の立ち位置だと、逆光になりました。
今日は強い日差しでもなかったので、なんとか撮影出来ましたが注意が必要ですね。
八乙女さんの田植えシーンがメインなら、神剣側(東)からもいいかも知れません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。