スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村屋神社 夏越し大祓い

2013年6月30日撮影

6月30日に県内各地で行われる「夏越し大祓い」ですが、今年も村屋神社に行ってきました。
村屋神社は性格には「村屋坐弥冨都比売神社(ムラヤニイマスミフツヒメジンジャ)」といい延喜式内大社で、旧県社、大神神社(オオミワジンジャ)の別宮ともいわれるそうです。

夏越しの大祓いとは、半年間の罪穢れを祓い落とし、残りの半年の悪疫退散・厄除開運招福を祈願するお祭りですが、ここ村屋神社では、他の神社と少しだけやり方が違うようです。
大きな神社では、境内の中央に茅の輪が置かれますが、ここ村屋神社では茅の輪を入り口にして、四方に忌竹を立て、結界された中に宮司・神職とともに参拝者(氏子)が入って行かれます。

DSC_0037.gif

そして、宮司のお祓いのあと、普通なら神様に向かって祝詞をあげるのですが、このお祭りでは参拝者に向かって祝詞が奏上されました。(他の地区でも同様にされるところもあるようです)

お祓いの作法として、まず最初に紙で作った人型に息を3回吹きかけます。
穢れを体内から放出させるのでしょうか。

DSC_0054.gif

私にも一枚いただくことができました。

DSC_0053.gif

次に茅の葉が配られ、左・右・左と3回、肩にちょんちょんとされます。
お清めの感じでしょうか。

DSC_0066.gif

DSC_0068.gif

参拝者全員のお祓いが終わったところで、結界が解かれます。
(切る方向に決まりがあるようなお話でしたが、良く聞こえませんでした)

DSC_0083.gif

その後、茅の輪や祭典に使用された人型や茅の葉などは子供たちの手によって、近くの川に流されます。

DSC_0101.gif

【撮影メモ】
昨年は雨の中の祭典であったので、傘がありいいタイミングで撮影出来ませんでしたが、今年はまぁまぁでしょうか。しかし、最後の川に流す場面ではとても風が強くて、うまく撮影出来ておりませんね。日々反省です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。