スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東坊城のホーランヤ

2013年8月15日撮影

昭和57年3月に県の無形民俗文化財に指定された「ほうらんや火祭」では、橿原市東坊城町内の5地区(弓場・川端・大北・万田・出垣内)と隣接する古川町の6つの字から大小あわせて16個の大松明が神社に奉納されます。
練りだした大勢の村人が、大きいもので直径1.5m、高さ3m、重さ450kgを超える松明に火をつけて担ぎ出し、八幡神社(東坊城町)と春日神社(東坊城町)の境内を担ぎ回る勇壮でにぎやかなお祭りです。(橿原市HPより)

今年は先に行われた春日神社には間に合わず、八幡神社だけの撮影となりましたが、今回は各地区からの巡行から拝見してみました。写真は近鉄坊城駅前で、担ぎ手のみなさんは今か今かと待っておられます。

DSC_2295.jpg

大松明には3本の太い棒が挿されていてます。

DSC_2299.jpg

大松明は各地区から直接、八幡神社には向かわず町内を練り歩きます。

DSC_2306.jpg

DSC_2313.jpg

そしてご祝儀をいただいた会社や店舗前で、お神輿のごとく、大松明をかかげお祝いをされていました。
このシーンは駅前のローソンさんからご祝儀があったようです。

DSC_2316.jpg

町内を回り終えると、いよいよ宮入です。

DSC_2319.jpg

宮入した地区から拝殿で巫女さんからお祓いを受けられます。

DSC_2327.jpg

全地区が境内に集合し、お祓いが済むと、各地区が順番に大松明に火が入るのですが、最初は火をつけないで境内を2周されます。
そしていよいよ大松明に火がつけられました。

火のついた大松明は境内を2周しますが、夏の最中に火の祭典。担ぎ手さんは汗びっしょりです。

DSC_2348.jpg

DSC_2369.jpg

DSC_2414-1.jpg

《撮影メモ》
はじめて町内巡行を拝見しましたが、なかなか面白かったですね。
掲載点数の関係でカットした写真には、踏み切りで電車が過ぎるのを待つ大松明や、踏み切りを渡るシーンなど境内に居ては撮れないカットでした。
八幡神社の境内は比較的広いので、早くから来て場所取りするより、出たとこ勝負の方が松明の角度や背景が変わっていいかも知れませんね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。