スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南無天踊り(明日香村伝承芸能保存会)

2013年9月28日撮影

「第44回奈良県芸術祭参加催し」の一つとして、明日香村伝承芸能保存会のみなさんにより、奈良県立万葉文化館前で南無天踊りが披露されました。

南無天(なもで)踊りは江戸時代には各地で盛んに踊られていた「雨乞い」を目的とした太鼓踊りとされ、奈良県内では、安堵町の飽波神社でも拝見することが出来ます。
明日香の南無天踊りは、「日本書紀」の飛鳥時代に皇極天皇が飛鳥川上流で雨乞いをされたという記述があり、それを起源として稲渕にある「飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社」に伝承されるもので、神社の絵馬や古老の記憶などにより復元された踊りです。

第一部 皇極天皇が天に雨を乞う

DSC_3369.jpg

第二部 旱(日照り)に苦しむ民が、野良着で雨を乞う

DSC_3377.jpg

DSC_3382.jpg

DSC_3393.jpg

第三部 神仏への願いが通じ、国原に大雨が降る

DSC_3409.jpg

第四部 大雨が降り、喜ぶ群衆のお礼の踊りが乱舞する。

DSC_3423.jpg

DSC_3456.jpg

《撮影メモ》
この踊りは本文でもご紹介したとおり、明日香村伝承芸能保存会のみなさんが行われているもので、神社の祭典とは関係なく、定期的に行われているそうです。
同保存会ではこの他「八雲琴」「飛鳥蹴鞠」「万葉朗唱」の伝承に取り組まれているそうです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。