スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五條市東阿田の御仮屋と宮うつし

2013年9月29日撮影

御仮屋(オカリヤ)とは、御神霊を遷し御鎮座いただくための建物で、ここ五條市東阿田地区では、八幡宮の秋季例祭の約一ヶ月前に当屋宅の庭に設置されます。

御仮屋は当日の午前中に建てられ、午後からは宮うつしという神事が執り行われます。

写真は宮司を先頭に当屋宅から八幡宮に向かう氏子ら

DSC_3532.jpg

宮司に続かれるのが今年の当屋さんで、手には神籬(ヒムロギ)と呼ばれる御神霊をお迎えするものを持っておられます。

DSC_3548.jpg

八幡宮での神事により、一度ご神体は神籬にお移りになり、当屋宅に建てられた御仮屋に向かわれます。

DSC_3586.jpg

当屋宅に戻り、神籬を御仮屋の上部に安置されました。

DSC_3621.jpg

宮司による神事が執り行われ、当屋や氏子らが同席し、無事に「宮うつし」は終了されました。

DSC_3640.jpg

その後、直会が氏子や参拝者らにお神酒が振舞われ、ご飯もいただきました。
このご飯は、もち米ではなく、普通の白米のようです。

DSC_3662.jpg

DSC_3665.jpg

《撮影メモ》
オカリヤという御神霊をお迎えする建物は、県内ではあまり見かけませんが、五條市の阿田地区から下市町にかけては各集落で形は違いながらも同種の行事が残されています。
その中でも、下市町新住のオカリヤが出来ているとの情報で、拝見してきました。
昨年(平成24年)の3月に、奈良県重要無形文化財に認定されたオカリヤです。

DSC_3669.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。