阪原のジンパイ

2013年10月13日撮影

奈良市の東部山間にある阪原町では長尾神社の秋の大祭に「ジンパイ」と呼ばれる所作が奉納される。
「ジンパイ」というと、周辺地域でも「三角跳び」や「横跳び」といった所作がありますが、ここ長尾神社のジンパイはまた違った形があって、大変興味深い所作でした。

行事は境内に設けられた茅葺屋根の能舞台で、まず祈願祭が行われます。

DSC_4181.jpg

その後、南明寺の境内にある御旅所まで、集落をぐるっと一周する形でお渡りが行われます。

DSC_4218.jpg

お渡りの列の最後には、今回のジンパイを奉納される方々は鼓やササラ、太鼓を鳴らしながら練り歩かれます。

DSC_4228.jpg

お渡りが南明寺に到着してまもなく別に練り歩いていた太鼓台も到着。
太鼓台は境内で、大きく左右に揺らされていました。

DSC_4278.jpg

いよいよ「ジンパイ」です。
ジンパイは御幣を持った方の両脇に弓を持った方が2人、御旅所前に並び、その前で輪になって、鼓やササラ、太鼓などを鳴らします。

DSC_4315-1.jpg

そして、牛のような所作で前に出てきて・・・

DSC_4317.jpg

右に三周?してから正面に立ち・・・

DSC_4319.jpg

腕を大きく振り上げて、のけ反るようなポーズで決めます。

DSC_4321.jpg

その後は、左の三周してまた同様の所作があり、ササラを持つ方や、太鼓を持つ方も同様の所作をされました。

そのあとは、スモウです。
スモウと言っても、取り組みがあるわけでなく、ふんどし姿の男性がおどけるようなしぐさで観客を笑わせたあと、手を取り合って、同じように万歳の格好をされました。

DSC_4403.jpg

御旅所での所作のあと長尾神社に戻った一行は、茅葺屋根の能舞台で改めて、同じ所作を繰り返します。

DSC_4449.jpg

DSC_4470.jpg

所作が終わる頃、集落内を練り歩いていた太鼓台が境内に戻ってきます。
御旅所よりも激しく太鼓台を大きく掲げ、振り回し、そして境内中を駆け回ります。

DSC_4603.jpg

《撮影メモ》
本文でも書いたとおり奈良市の東部山間では、伝統的な行事がまだまだ沢山残されています。
こういったブログでご紹介することによって、少しでも関心を持っていただければと思っています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: