興ヶ原天満神社の翁舞

2013年10月19日撮影

今回は奈良市東部にある天満神社で宵宮祭に奉納される神事芸能の「式三番翁舞」を拝見しました。
神社は急な階段があり、上りきると右手にはお社、左手には茅葺の舞殿があります。
舞殿にはあらかじめ御輿が準備されていて、お社からご神体を移す「神遷り」が行われます。
宮司さんがかぶる白い布は「衣笠」呼ばれ、直接目に触れないようにするためだそうです。

DSC_5254.jpg

舞殿に置かれた御輿にご神体が遷されます。

DSC_5258.jpg

舞殿の全体はこんな感じ
なかなか風情がありますね。

DSC_5285.jpg

幾つかの神事のあと、いよいよ「式三番翁舞」が奉納されますが、この神社も含めてこれらの地区では村の方が伝承により、その芸能を受け継がれていて、天満神社も例外ではありません。

面と対峙する舞役の方

DSC_5305.jpg

長老や氏子らが唄を歌い、舞が奉納されました。

DSC_5323-1.jpg

DSC_5354.jpg

《撮影メモ》
山添村の神事芸能、奈良市東部の伝統行事など、後世に残していただきたい行事がたくさんあります。
一つでも多く皆さんにご紹介したいけど、あまり観光化されてしまうのも考えものですし、難しいですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: