スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押熊八幡神社 卦亭(けいちん) 御田植祭

2014年1月11日撮影

奈良市押熊町。現在では大きな道路が走り、新興住宅街ですが、そういった場所にも古い行事が残されていました。

卦亭を、他の神社では結鎮や結縁、華鎮と書かれていたりしますが、基本的には農事に災いをもたらす悪いものを祓い、豊作などを願う正月の行事だそうです。

まずは宮座入りの神事からはじまります。
今年、宮座入りされるのは子供さん2名と養子に来られた男性の方です。
子供さんの方は年齢に関係なく、順番に宮座入りされるとうかがいました。

DSC_7172-1.jpg

拝殿において直会が行われます。
お饅頭とお茶が参列者に振舞われます。

DSC_7183.jpg

直会が終わると御田植祭です。
拝殿内にムシロが開かれ、田んぼに見立てられます。
田主さんが登場し、鋤や鍬を使って田んぼを作り、もみが撒かれました。

DSC_7194.jpg

DSC_7217.jpg

DSC_7237-1.jpg

拝殿での御田植神事が終わると、境内で鬼打ちが行われます。
弓を射るのは、新しく氏子入りした方々で、子供さんの家ではお父さんが代理で矢を放たれます。

DSC_7260.jpg

DSC_7264.jpg

DSC_7273.jpg

以上で神事が無事に斎行されました。
境内では神事に使用された稲?とお札が参観者にも配られます。
稲?は豊作を祈って田んぼに水口に挿したり、田んぼがなけれお家の神棚などにお祀りされるそうです。

DSC_7281.jpg

DSC_7289.jpg

《撮影メモ》
本文にも書きましたが、こんな新興住宅の多い場所でも古くからの行事が残されていて、正直びっくりしました。
拝殿には年中行事が書き記されていて、他にも興味深い行事があるようです。
特に2月6日に行われる「荘厳」という行事は古式に則り・・・とありました。どんな行事か興味深々です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。