玉列神社 椿まつり

3月25日撮影

三輪山の南山麓に玉列神社(たまつら)という大神神社の摂社があり、椿まつりが開催されました。
当神社は伊勢街道の初瀬谷における最古の神社とも言われ、玉椿大明神とも称せられていると聞きました。
祭典では椿の盆栽が献饌されるほか、浦安の舞が奉納されました。

DSC_5587.jpg

巫女さんの髪飾りも椿があしらわれていました。

DSC_5612.jpg

祭典が終わると巫女さんからお神酒がいただけます。

DSC_5627.jpg

《撮影メモ》
あまり有名でもないのか。カメラマンさんは少なかったですね。
この椿まつりは平成15年から始められたといいますから、無形民俗文化財とまではいきませんが、
近くには山の辺の道があり、椿市も近くです。何か椿に関連した歴史があるように思われます。
祭典の終了後、参拝者に「にゅうめん」の無料振る舞いがありましたのでありがたく頂戴しました。
また、有料ですが「稲荷すし」や「椿饅頭」販売もあり、おいしくいただきました。

DSC_5631.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: