スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬師寺 花会式結願法要 鬼追式

2014年3月31日撮影

修二会というと東大寺のお松明を連想する方が多いと思いますが、そもそも修二会とは二月に修する法会という意味でここ薬師寺でも行われる仏教行事です。
昨年までは毎年3月31日から始まり、4月5日までという日程でしたが、今年から3月23日のお身ぬぐいからはじまり、3月31日が結願法要という日程に変わりました。

薬師寺の修二会が花会式と呼ばれるようになった理由は・・・(薬師寺のホームページから引用)
「所謂「花会式」と呼ばれる法要は正確には『修ニ会』と言い、薬師悔過法要であります。この法要は奈良時代から脈々と続いてきた法要です。現在の形態となっての法要は嘉承2年(1107)に堀河天皇が皇后の病気平癒を薬師如来に祈られ、その霊験を得て病気が回復したとされています。そして、皇后はその翌年に女官に命じて10種類の造花を作らせて、お薬師様の御宝前に供えられたのが、今の『花会式』と呼ばれる華やかな法要の始まりとされています。」

今回は長い花会式の法要の中から、最終日の結願法要の鬼追式を拝見してきました。
まずは、白鳳伽藍の中門に5匹の鬼が登場します。

DSC_9984.jpg

鬼は火の着いた長い松明を振り回し、参詣者らを威嚇しながら金堂前の檀上へと進みます。

DSC_9988.jpg

壇上に上がった鬼たちは松明を振り回し、手すりや竹に吊るされたかがり火を叩き、さらに暴れまわります。

DSC_9998.jpg

DSC_0012.jpg

そして、さらに勢いあまった鬼たちは手すりに登り、かがり火を揺らし周囲を火の海に変えていきます。

DSC_0048.jpg

しかしやがて薬師如来から力を受けた毘沙門天が鉾(ほこ)を手に現れ、鬼たちが鎮められました。

DSC_0053.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。