スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川西町 下永のキョウの蛇作り(本番前日)

2014年5月31日撮影

明日6月1日(6月の第一日曜日)は川西町で「下永のキョウ」と呼ばれる野神祭が行われます。
今日はその前日にあたり、蛇を作られるというので拝見してきました。
なお、本来6月の行事ですので、暦では5月ですが6月の行事のカゴテリーなっております。

「下永のキョウ」と呼ばれる野神祭は、西城(にしんじょう)と東城(ひがしんじょう)という二つの地区で行われます。
二つの地区ではそれぞれ、西城ではオスの蛇、東城ではメスの蛇が作られます。

まずは西城の蛇作りから拝見

荒縄を二重にし、そこに麦藁をかけていきます。

DSC_2771.jpg

かけ終わったら足と呼ばれる部分を綺麗にそろえておきます。

DSC_2782.jpg

用意した4.5メートルの竹に3回ほど巻き付け、頭を付けます。
頭には陶器の皿の裏側に黒丸をつけたものを目に見立て、落ちないように針金で固定されました。

DSC_2797.jpg

これで西城のオスの蛇は完成です。

DSC_2807.jpg

集会所の中ではミニチュアの農具が作られています。
薄い木の板をうまく利用して、クワ、三本クワ、スキの三種類が作られ、今年は3人の子供が参加するので、3組用意されるのだそうです。

DSC_2808.jpg

次は東城の蛇作りを拝見

子供たちがコモ草と呼ばれる草を洗って乾かしています。
この草は近くにはなく、天理市の前栽の用水路まで大人が取りに行くんだそうです。

DSC_2815.jpg

東城の蛇は頭から作っていきます。
軽く束ねた麦わらをくるっと丸めて、頭の部分を作ります。

DSC_2829.jpg

その頭に続けて、胴体の部分をひもで縛っていき、全体を整えます。

DSC_2831-1.jpg

竹で作られたカゴに麦わらを敷いて、しっぽのところから蜷局をまくように、メスの蛇を入れていきます。

DSC_2837.jpg

こちらの目も陶器のお皿を利用されていましたが、西城と違うのは、皿の受け側に名前が書いてあるところで、この名前は祭りに参加する子供の名前です。
今年は4人の名前がありましたが、15歳になる子供さんが3人
その中で、一番早く生まれた子供が、「親」と呼ばれるそうです。

DSC_2844.jpg

目に見立てたお皿を頭の部分にはめ込みます。
東城の方は、蛇はカゴに乗っているので針金で固定していませんでした。

DSC_2848.jpg

竹かごにセンダンの葉をかけて、メスの蛇を隠します。

DSC_2866.jpg

これで完成です。

DSC_2872.jpg

集会所の中では、子供さんがミニチュアの農具を作っていました。
こちら東城では6種類くらいあり、クワや三本クワ、鎌、スキ、などいろいろで、かつ個数もたくさん作ります。
作る数は特に決まりはなく、たくさん作って当日みなさんに持って帰っていただくのだそうです。

DSC_2873.jpg

傍らでは、子供たちが洗って乾かしてあったコモ草を5~6本まとめて、中に紙でハッタイ粉を包んだものを入れていきます。
本来は紙ではなく、オノ葉というシソの葉に似た葉っぱを使うのだそうですが今年は上手く手に入らなかったそうです。

DSC_2882.jpg

これで西城、東城の前日の準備は完了で、明日は奥さん方がこのお祭り特有の膳が用意されます。
これもまた面白いので楽しみな一日になりそうです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。