スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山添村切幡の田の虫送り

2014年6月21日撮影

今日は夏至の日。昼と夜の時間が同じ日ですね。
この夏至の日に行われる山添村切幡の田の虫送り。
先日の16日は笠間川流域の集落のひとつ、染田という場所で虫送りを拝見し、ブログにも記事にさせていただきましたが、ここ切幡でも同様の行事が行われています。

夕闇の迫る頃、集落内にある極楽寺に住民の方が集まって来られました。
使用する松明は各自の自家製だそうで、昔ながらに乾燥した竹を束ねたものから、良く燃えるようにと灯油を染ませた布を巻いたものもありました。

D71_0143.jpg

極楽寺からの出発ですが、特に法要・読経はありません。
ご本尊にお供えしていたお灯明の火を松明に移されます。

D71_0149.jpg

火を移した松明から極楽寺を出発

D71_0150.jpg

切幡では村の中はあまり歩かないで、お寺から水田横を通って、国道に向かいます。

D71_0162.jpg

この行事に参加できるのは、男性または男子のみ
女性の方は参加できないので、女の子たちが何かうらやましそうに見ていました。

D71_0172.jpg

このあと虫送り行列は国道を歩いていきます。

D71_0192.jpg

こちらの太鼓も染田同様で、担ぐのではなく、軽トラックに積み込んで列の後ろにつづきます。

D71_0213.jpg

となり村との境界近くまで歩いて、そこで松明を集めて燃やします。
特に法要めいたこともありませんし、祈祷札も立てておられないようでした。

D71_0225.jpg

《撮影メモ》
今回の撮影は全カットISO6400
松明が近いときは、そこそこ止まりますが、少しブレが気になる場面もありました。
あまり感度をあげると、画質に影響するので難しいところですね。
本文中にも書きましたが、切幡は集落を回らないで、直接、境界まで歩かれます。
よって歩いている時間は20分くらいだったと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

- : 2014/06/22 (日) 15:48:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とやまんブログ : 2014/06/22 (日) 23:12:40

イオカ様

誠に残念ですが掲載画像以外のカットも探しましたが、緑色のシャツのお子様は見当たりませんでした。

イオカ : 2014/06/23 (月) 00:52:58

わざわざ探して頂いてありがとうございました
短い炬を持っていた子どもです
思い出に残せればと思ったのですが

また来年もお越しください

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。