スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室生区下笠間の虫送り

2014年6月22日撮影

宇陀市室生区の笠間川流域にある集落では夏至の日前後に虫送りという行事が行われています。
16日は染田地区での虫送りを拝見しましたが、今日は下笠間という集落で、一番山添村に近い地域です。

開始時刻が近づくと村のあちらこちらから、松明を手に「どんど辻」と呼ばれるところに集合されます。
夕方少し強い雨になって、中止の心配をしていましたが、時間になると小降りとなりました。
地元の方に伺うと、ここの下笠間の虫送りは雨でも中止をされないそうです。
それは、この行事自体が「虫の供養」であり、「供養」なので中止はしないそうです。

D71_0329.jpg

時刻になるとどんど辻で火が熾され、持参した松明に火を移していきます。

D71_0334.jpg

正確な本数はわかりませんが、30本くらいでしょうか。
行列の先頭は僧侶、つづいて太鼓を担ぐ方、そして参加者がつづきます。

D71_0339.jpg

集落をあとに隣村(山添)の境界まで歩かれます。

D71_0342.jpg

集落を歩くのはほんの少しで、すぐ大きな道路に出ていきます。

D71_0354.jpg

車のとおりが少ないので、お孫さんの手を引いて参加されるおじいちゃんもおられました。

D71_0373.jpg

となりの集落の境界で松明が集められ、僧侶が虫送りの祈祷札を立てられ、読経は行われました。

D71_0396.jpg

《撮影メモ》
今回は19時出発ということで少し明るい時間帯だったので、ISO1600で撮影を開始しましたが、前半のカットはブレてました。ちょっと残念でした。
次回は最初からISO3200まで上げておかないといけませんね。
それと出発から集落の風景と合わせるチャンスはほんの少しの時間でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。