鴨都波神社 ススキ提灯献灯行事

2014年7月16日撮影

御所の鴨都波神社の夏祭りには、奈良県の無形民俗文化財に指定されるススキ提灯献灯行事があります。

「地元では「鴨の宮」で知られ、旧御所町及び近隣の五つの地区(東松本、竹田、南十三、蛇穴、元町)の氏神と
して崇敬されている鴨都波神社で行われている献灯行事。夏祭り(7月16日)と秋祭り宵宮(10月体育の日の
前々日の土曜日)に、五穀豊穣・家内安全・無病息災を祈願し、氏子地域から「ススキ提灯」と呼ばれる30基余
りの提灯が奉納される。
「ススキ提灯」とは、2間半(4.5m)ほどの竹製の支柱に横木を4本通し先端から紐で連結し、高張提灯を上
から、2・4・4の合計10張を三段に組みたてて、先端部に御弊を施したものである。県内においては、稲積み
の形をススキまたはスズキと称するところは多いが、当社行事では「稲穂そのものの形」がススキ提灯の形と
伝えられている。」鴨都波神社HPより

50基ほどのススキ提灯が市役所近くの公園に集合し、神社まで練り歩きます。
夕暮れの中、葛城山がシルエットになってきます。

D71_0541.jpg

神社に到着した地区は境内を2、3周し本殿でお祓いを受けられます。

D71_0629.jpg

D71_0676.jpg

途中、子供さんようのススキ提灯が出され、小さいお子さんも参加
この子たちも大きくなっても、この行事が続いていますように。

D71_0700.jpg

その他のカット

D71_0717.jpg

D71_0843.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: