スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫛玉比女命神社 戸立祭(宵宮)

2014年10月31日撮影

国中では珍しい勇壮なだんじり祭りとして知られる戸立(とたて)祭。
家の戸を閉め(戸を立て/閉て)て家族総出で祭りに参加したことに由来する名前とも云われています。
弁財天、南、的場,萱野の4大字から、それぞれだんじりが繰り出され、日中の曳行も終わり、夕やみ迫る頃になると神社前に集結。いよいよ宮入、お祭りが最高潮を迎えます。

今回のブログでは宵宮のクライマックスである宮入シーンから数点アップしました。
4大字が順に宮入しますが、印象的なカットだけですので、時間は前後しています。

神社入り口(鳥居)で伊勢音頭を唄った後、境内の拝殿に向かって突進していきます。

D71_5130.jpg

D71_5137.jpg

拝殿前で急ブレーキをかけて、スパッとだんじりを止める。
ここがひとつの見せ場ですね。

D71_5211.jpg


拝殿に到着すると若い衆が伊勢音頭を熱唱!
入れ替わり立ち代わり、結構長い時間唄っていました。

D71_5142.jpg

D71_5337.jpg

その後、勢い余って拝殿内になだれ込み、巫女さんから鈴のお祓いを受けます。

D71_5366.jpg

それらが終わると、各だんじりは所定の場所に移され、祝杯を上げながら、胴上げです。

D71_5275.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。