スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬師寺花会式結願 鬼追い式

4月5日撮影

薬師寺花会式の最終日、結願法要の最後に鬼追い式が厳修された。
金堂での法要が終わり練行衆が舞台に出てくると、待ち構えたように中門に5匹の鬼が現れた。
まず最初に咒師作法が行われ、小刻みに移動しながら、時にはクルクルと回りながら舞台を清める。

DSC_6077.jpg

咒師作法が終わるな否や、5匹の鬼が舞台に駆け上がり気勢をあげる。

DSC_6078.jpg

それぞれの鬼は手松明を持って舞台を走る!吊り下げられた籠松明を揺らし大量の火の粉を観衆に浴びせる!
そして、舞台の柵によじ登って、観衆を威嚇する。

DSC_6082.jpg

DSC_6091.jpg

鬼によっては舞台上では飽きたらず、舞台下に降りてきて観衆を驚かせた。

DSC_6081.jpg

そして毘沙門天が登場して、鬼を退治して鬼追い式は終了した。

《撮影メモ》
今年は非常に風も強くて、4月とは思えない寒さでした。
その上、鬼追い式の始まる直前になってから激しい雨になりびしょ濡れでの撮影となった。
夜間の行事ではいつものことであるが、ピントが合わない。露出もばらばらと上手く行かない。
今年のデータをきっちり確保して来年につなげないといけないと痛感した。
また、昨年末からだったか東塔の修理となり、バックに五重塔を入れるとなると、西塔だけになるので
おのずと東側からの撮影に限られてしまう。
一度、そこに入ると身動きが取れないので、もう少し自由に動ける場所が無いものかと研究が必要だ。

鬼追い式の終了後、参拝者に「お松明」が授与された。
かなりの本数が用意されているのか、「必ずお渡しできますから押さないでください」とのご案内がありました。

P1000190.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめteみた.【薬師寺花会式結願 鬼追い式】 from まとめwoネタ速suru
4月5日撮影薬師寺花会式の最終日、結願法要の最後に鬼追い式が厳修された。金堂での法要が終わり練行衆が舞台に出てくると、待ち構えたように中門に5匹の鬼が現れた。まず最初に咒師... >>READ

2012.04.06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。