スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平尾のオンダ

2015年1月18日撮影

「平尾のオンダ」は県指定無形民俗文化財で宇陀市の平尾水分神社で行われる農耕の予祝行事です。
こちらのオンダの特徴は境内に舞台が設けられ、その上で行われること。
また、ショトメと呼ばれる小さな子供さんが参加されることでしょうか。

本殿での祭典が終わると、境内の舞台に移って、オンダが行われます。
鍬初之事

D71_7550.jpg

水入る事

D71_7571.jpg

福の種を蒔事

D71_7579.jpg

苗取之事

D71_7603.jpg

この行事のもう一つの特徴が「若宮サン」と呼ばれる体長50cmほどの人形です。
肢体が布で作られていて、黒式尉(コクシキジョウ)の面を付けています。
そして、この若宮サンには多くの紙縒りが付けられていて、参拝者らは自分の調子の悪いところをいただくと、その病や怪我が快復するとされています。

D71_7633.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。