小夫 天神社のおんだ祭

2015年2月15日撮影

桜井市の長谷寺より奥、針方面に向かう途中に小夫(おうぶ)という集落があり、創建の年代は定かではないようですが、歴史ある天神社が鎮座されています。

本来は2月17日に行われる「祈年祭・オンダ祭」ですが諸般の事情により直近の日曜日に移されており、本日拝見させていただきました。
「祈年祭」自体は祝詞奏上など一般的に行われるものと同様ですが、そのあと境内で、「オンダ祭」が執り行われます。

宮司さんによる弓射ち
社殿の前に作られた結界の左右に小さな鬼の的があります。
その的を狙っているようで、そうでもないような、ちょっと不明ですが、天・地の順に矢を射る格好をして、最後に鬼の的を目がけて、矢を放ちます。

D71_9260.jpg

クワやスキで田を耕した後、牛の登場です。

D71_9288.jpg

宮司により種(モミ)蒔きが行われます。

D71_9315.jpg

氏子が宮司にならって、種(モミ)蒔きをされます。

D71_9338.jpg

つづいて田植の所作
これも宮司につづいて氏子も同様に行われます。
子供たちが投げた苗を集めてました。(本来の形ではないと考えます)

D71_9355.jpg

以上でオンダ祭は終了です。
氏子さんが右手に持つのは「松苗」・・・苗代の水口(水を入れるところ)に挿して、豊穣を祈願します。
また、左手に持つのは「花かづら」・・・こちらは水田で最初に植えた苗(稲)の近くに挿しておくそうです。
いずれも豊作祈願の意味合いがあるといいます。

D71_9373.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: