スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都祁山口神社 御田祭

2015年4月19日撮影

現在は奈良市となってしまった山辺郡都祁村にある式内大社の都祁山口神社
神社の由緒書きには、清和天皇の御宇大和の國に十三座の山口社があり、その内七坐の大社の一つであるとされ、なかなか歴史のある神社のようです。

今回は本来4月23日とされている御田祭が19日の日曜日に行われると聞いて拝見しました。

こちらの御田祭の特徴は、太鼓や鐘に合わせて神事の所作が行われるところです。

1、春田のよそほい 打ってのこづち
  シャン シャン シャン、シャン シャン シャン、シャン シャン シャン
2、若苗とるは 女の手どり 採る手もいくえ 採らぬ手もいくえ
  シャン シャン シャン、シャン シャン シャン、シャン シャン シャン
3、山田へ田植ふく万石 わが所へ作り 作りすました
  シャン シャン シャン、シャン シャン シャン、シャン シャン シャン

左側に二人が縦に並んでおられますが、元は牛の面もあり、前者は牛役で後者は田主さんだそうです。

D71_3150.jpg

D71_3130.jpg

D71_3131.jpg


田起こしの所作が、同じく太鼓や鐘にあわせて演じられます。

D71_3158.jpg

最後は、田植の所作です。
苗は杉穂が使われていました。
杉穂は神事の終了後、参拝者に配られ苗代田の水入口に挿して豊作をお祈りされるのだそうです。

D71_3185.jpg

神社の鳥居横には立派な山桜が満開でした。

D71_3207.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。