三宅町石見の農神さん(野神さん)

2015年5月5日撮影

農神さん(野神さん)
祭の前日に氏神にて十五歳の男子が中心となって藁・杉葉で三メートルに及ぶ蛇を作る。
翌朝早くに蛇を「野神の塚」へ運び、小豆餅、神酒、山海の幸を供えて古老の祈祷をうける。
豊作を祈願し、供え物を食べる楽しい仲間入りの行事である。
(三宅町教育委員会)・・・野神塚前の案内版から全文引用

大和の5月から6月にかけて行われる民俗行事として知られる「ノガミさん」
米藁や麦藁、草木で作られた蛇(ジャ)と呼ばれるものを集落を回りながら塚まで運び奉納(安置)すると言う行事です。

県内では御所の野口神社で行われる「汁かけ祭」や、田原本の鍵・今里で行われるものが良く知られていますが、三宅町にもその行事が伝承されていました。
ただし、少子化の影響により、前述した案内版のように子供は参加されておらず、地区役員さんらだけでが行われていました。

ここの蛇は体長3メートルくらいで、中心の木に杉の葉を巻き付け、頭部の口にあたる部分に赤い布を付けてあります。

D71_4061.jpg

塚は新興住宅の一角にあり、現在は旧村と新興の間にあるように見えますが、昔は村のはずれだったのでしょうね。

D71_4067.jpg

村の役員さん曰く、「昨年・今年はちょうど具合の良い子供が居なかったが、子供が居たらちゃんと元通りにやりたい」「だから子供が居なくても、続けているんや」との事。
いつの日か、子供が居てこの行事が引き継がれることが出来るといいですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: