御杖村 桃俣・春日神社の獅子舞

2015年10月11日撮影

前ブログでは、同集落での荒神祓いを拝見しましたが、今日11日が本祭となります。

拝殿内には昨日作られた「わっか」という御供がお供えされていました。(写真右下)
この御供は「ひとみごくう」だそうで、詳しいお話は聞けませんでしたが御杖村の他の地区での同様の御供があるそうです。
藁で作った胴体に細い竹の足を3本。そして胴体には竹串に「こんにゃく」「里いも」を交互に刺したものが、5本付けられています。
中央の上部には「赤い花」が添えられていましたが、赤い花であれば種類は問わないそうです。何か意味でもあるのでしょうね。

D72_1861のコピー

御供の他には、「山の物」「海の物」「里の物」が献饌されますが、お米の上に「あずき」を乗せるのが風習だそうです。

D72_1864のコピー

10時30分頃、下の当屋さんと上の当屋さんが、拝殿にお入りになります。
前で御幣を持つ方は「兼当」(当屋に何かあったときの代理人)と言い、その後ろが「当屋」です。
(写真は上の当屋の谷村さん)

D72_1873のコピー

拝殿内では「当屋渡しの儀」が行われます。
この儀式はその名のとおり当屋さんの交代式で、現当屋から杯を頂戴され、当屋さんと兼当さんが2名とも交代です。

D72_1926のコピー

この儀式と同時進行で獅子舞がはじまり、「宮参り」が奉納されました。

D72_1908のコピー

御杖村の獅子舞の歴史は古く、曽爾村と同様に伊勢大神楽の系統だそうです。
しかしながら後継者不足により、十数年前に少しの間、奉納出来ない状態であったものを村の有志により復活されたのだそうです。現在は村の後継者と豊来家玉之助さんとその仲間により、以前より増して盛大に行われています。

以降は演目順に掲載いたしますが、なかなか見ごたえのある獅子舞と奉納演舞です。
(前述の宮参りが、1です)

2、荒神祓

D72_1939のコピー

3、剣

D72_1956のコピー

4、荒神祓崩し

D72_2003のコピー

5、廻剣 中村(豊来家玉の助)

D72_2034のコピー

6、参神楽

D72_2058のコピー

7、太神楽曲芸(豊来家玉の助)

D72_2081のコピー

8、長神楽

D72_2113のコピー

9、太鼓

D72_2122のコピー

*奉納行事写真の間ですが、最後の「背継ぎ」に出演される女の子が不安そうでありながら、独特な表情でした。

D72_2135のコピー

*でも優しいお姉さんに声をかけてもらって、ちょっと気分が良くなったかな。

D72_2138のコピー

10、荒廻し剣(豊来家玉の助) 3カット

D72_2158のコピー

D72_2165のコピー

D72_2167のコピー

11、ひなぶり三番叟 大黒舞

D72_2198のコピー

12、背継ぎ

D72_2232のコピー

D72_2256のコピー

御供まき

D72_2282のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: