大宇陀 菅原神社 田原の火祭り 

2015年10月25日撮影

150年以上の伝統行事「火祭り」で知られる田原菅原神社。
この祭りは五穀豊穣を祈願するものとして、毎年10月第4日曜日の夜に行われています。
当日、集落の上と下の当屋でこしらえた長さ約7mの竹製の大松明を、 地区の若者が担いでそれぞれの当屋を出発。 「ヨイト、カイト」の掛け声とともに神社まで練り歩きます。神社の参道下で二本の大松明が出会うと、上・下の順で参道の急峻な石段を一気に駆け上がります。
この大松明奉納は 「燈登り (トノボリ) 」と呼ばれ、奉納された大松明は、それぞれ本殿前の左右に立てられ、祭りが終わるまで灯し続けられます。(宇陀市の広報から)

この松明は「上の当屋」と「下の当屋」から別々に出発するため、同時に撮影することが出来ません。
よって今回は「下の当屋」さんで撮影させていただきました。

静かな山間の中に、その「下の当屋」さんがありました。

D72_2623のコピー

庭先にはお祭りで使われる松明がおいてあります。
長さは7メートルくらい、直径は35センチから40センチといったところでしょうか。

D72_2626のコピー

また、松明のうしろに続く方が持つ、提灯も準備されています。
少し以前は小さな松明が用意されていたそうですが、最近は提灯になったと聞きました。

D72_2628のコピー

これは御供撒きに使われる餅。
餅の個数に特に決まりはないようですが、平たい大きなお餅は「てんじょうごく」と言われるそうで、御供撒きの最後に投げられいつも大変な奪い合いとなります。

D72_2654のコピー


あらかじめ決めた時間になると下の地区から担ぎ手さんが集まってきます。
当屋さんの奥さんから「ようきてくれました」とお酒が振る舞われます。

D72_2658のコピー

定刻になり庭先で松明に点火。良く乾燥しているのか、瞬く間に火がついて周りを明るく照らしています。
このあと、当屋宅で3回、松明を放り上げる所作があり、いよいよ出発です。

D72_2696のコピー

D72_2743のコピー

松明の後には子ども達やご婦人が提灯を下げて参列されます。

D72_2760のコピー

大きな道に出てきて、松明をぐるっと廻します。
2週くらいだったでしょうか。ちょっと記憶が・・・

D72_2785のコピー2

そしてここでも3回、放り上げますがちょっと立ち位置が悪くて、全体が撮れませんでした。
しかも多くのカットでフレームアウト!結構高く飛んでました。

D72_2791のコピー

そしていよいよ菅原神社に向かいます。
松明の炎も最高潮!先頭の方は火傷しそうな勢いで燃えています。

D72_2838のコピー

今年の事例だけで申し上げると、今年は上地区が早く神社下に到着されていました。
そして、2本の松明が揃ったところで50メートルくらいありそうな境内に続く長い石段を一気に駆け上がります。

D72_2865のコピー

写真にはありませんが、その後、境内に2本の松明が立てられ、神事のあと、御供撒きが行われます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: