スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田原菅原神社火祭り

田原菅原神社火祭り
2016年10月23日 撮影

宇陀市の田原地区で行われる150年以上の歴史ある行事で、菅原神社の上地区と下地区からそれぞれ大松明が奉納されます。
この祭りは五穀豊穣を祈願するものとして、毎年10月第4日曜日の夜に行われ、当日、集落の上と下の当屋でこしらえた長さ約7mの竹製の大松明を、 地区の若者が担いでそれぞれの当屋を出発。 「ヨイト、カイト」の掛け声とともに神社まで練り歩きます。
また当屋を出発する時や地区の辻などで大松明を一気に空高く放り投げる場面がとても勇壮。
神社の参道下で二本の大松明が出会うと、上・下の順で参道の急峻な石段を一気に駆け上がります。
この大松明奉納は 「燈登り (トノボリ) 」と呼ばれ、奉納された大松明は、それぞれ本殿前の左右に立てられ、祭りが終わるまで灯し続けられます。

今回は上当屋さんからを拝見
D72_3565.jpg

出発前に激が飛びます。
D72_3594.jpg

大松明を放り上げる場面①
D72_3671.jpg

大松明を放り上げる場面②
D72_3695.jpg

そして長い石段を一気に駆け上ります。
D72_3676.jpg

神事が終わると御供撒き
D72_3771.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。