スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸鍬神社のおんだ祭

諸鍬神社のおんだ祭
2017年1月9日撮影

弁之庄・諸鍬神社でおんだ祭を拝見しました。
おんだ祭は五穀豊穣を祈願して、農耕の所作をまねた神事で「豊作を予め祝う」という意味で「予祝行事」とも言われている伝統行事で、奈良県内の各地で行われています。

午後2時からは拝殿内でおんだ祭に先だって「祈年祭」が行われます。(写真はありません)
祈年祭のあと、いよいよ忌竹に囲まれた神殿での田植えの所作が行われます。

まずは「牛役さん」と「田主役さん」の打合せシーン。
聞けば双方、今年が始めてということで緊張されておられました。

D72_5016のコピー

牛が鋤を引き馬鍬で田をならしていきます。

D72_5048のコピー

その後はお決まりの?暴れるシーンですが、始めてで緊張されているのか、元気ないぞーのかけ声も。
でもその分、子供さんたちは喜んでおられたような気がします。

D72_5081のコピー

田んぼが綺麗になったところに松葉を苗に見立てての田植えが行われます。
ここの苗は「松葉」ですね。地域によっては「松葉」や「杉葉」が使われます。

D72_5094のコピー

植え終わったと同時に皆さん争って苗に見立てた松葉をひらっておられます。
特に農家の方が豊作を願っていただかれるようです。

D72_5101のコピー

最後は御供撒き。
拝殿前に作られた特設台に役員さんらが登り、小餅の他、大きな平たいお持ちが投げられ競い合うようにされています。

D72_5128のコピー

本日の成果!小袋2個!ここのお餅は色つきできれいですね。
全部で4色なので4色いただいてまいりました。

D72_5168のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。