御所市今住のとんど

御所市今住のとんど
2017年1月14日撮影

今回のメイン撮影地がこちらの今住区のとんど
とんどの形が吉祥草寺の左義長同様に朝顔型に作られていて、なかなか立派なとんどです。

P1020789のコピー

今住でも他の地区と同様に村の神社に種火をいただれますが、こちらの神社は国見神社という国見山の山頂付近にある神社。
あたりの街灯も少なく、ほぼ真っ暗な神社です。
ようやくピントのあった画像だけアップします。

P1020790のコピー

本殿前で祝詞を奏上。高感度撮影なので少し明るめに写ってしまいましたが、ほぼ真っ暗な状態です。

P1020800のコピー

持参した提灯に種火をいただき、暗い山道を降りて行きます。

P1020814のコピー

とんど場に到着。提灯で持参された種火でとんどに火を移されました。

P1020825のコピー

折からの強風で一気に燃え上がります。
撮影者を待ってくれないスピードで燃えてしまいました。

P1020847のコピー

ようやく大方の部分が焼けると、とんどを固定していた松の杭が見えてきました。
第二のクライマックスがこちら!
この焼けた松の杭を手で抜くのだそうです。
自警団の若者がしっかりと濡らした防護服を逆手に着て、杭に飛びかかり、勢いよく抜いて行かれました。

P1020940のコピー

抜いた杭はその年に、婚礼、出産や新築などの祝い事があった家に持ち込まれるのだそうです。

P1020965のコピー

P1020977のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: