吉祥草寺 左義長(茅原のトンド)

2017年1月14日撮影
吉祥草寺 左義長(茅原のトンド)

奈良県内の多くの地域で見られるとんどですが、やはり規模的に大きく迫力があるのは吉祥草寺の左義長(茅原のトンド)でしょうね。こちらは国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択され、奈良県指定無形民俗文化財にも指定されていて、小正月の日に修験道で有名な吉祥草寺の境内で行われます。

点火されるのは玉手地区の西村家と決まっていて、山伏の後方におられる方です。
また点火は雄松明(写真手前)から行われ、かならずその年の恵方から行われます。

P1030009のコピー

大松明の炎が境内にいる大勢の参拝者を赤く染めています。

P1030021のコピー

今日はとても風が強かったので燃えるスピードも速かった気がしますね。
竹がバンバンとハレ、スゴイ勢いで燃えていました。

P1030056のコピー

ある程度炎が落ち着くと、二つの松明の間を抜けられるのですが、前述のとおり風が強いのでちょっと駆け足になってます。

P1030084のコピー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: